映画レビュー

映画レビュー

STAR WARS『フォースの覚醒』『ローグ・ワン』宇宙でも歳月には勝てないよね。BB-8が欲しい

2019/6/19    ,

『2001年宇宙の旅』との闘い 『STAR WARS』派と『2001年宇宙の旅』派の争いごとが懐かしいです。 哲学かエンターテイメントか 映画史上の結論はでましたが、良い結論だと思います。 小難しい事 ...

映画レビュー

X-MEN:アポカリプス 最後の敵は神というキャッチに捕まった

2019/6/19  

X-MEN史上最大スケールで描く大ヒットシリーズ集大成! 最後の敵は、神 キャッチコピーがずるい! 見ざるをえませんでした。 CGもここまで来ると、アメコミの世界再現が捗りますね。 銀魂を実写化したく ...

映画レビュー

遠藤周作原作『沈黙』宗教とはなにか?神は何故応えないのか?死ぬ瞬間に人は誰を選ぶのか?

『神』の沈黙に苦悩する 沈黙 -サイレンスが、2016年12月23日アメリカで日本に先行してクリスマス直前に公開された事実がこの映画の重要性を物語っています。 日本公開は2017年1月21日でした。 ...

映画レビュー

『24シーズン10』ジャック・バウアーのいない24の世界観にホッとする

2019/6/19  

24シーズン1は衝撃的だった 私はトリロジーボックスが発売されたあたりで、24を見始めました。 レンタルで借りてあまりにも面白かったのと、借りにくかったのでトリロジーボックスを購入しました。 何回観た ...

映画レビュー

『コンカッション』NFLにまつわる実話です。ウィルスミスが静かにうったえてきます。

2019/6/19  

『コンカッション』 明らかに危険なスポーツであるアメリカンフットボールの世界を描いています。 巨大な利権に圧倒される主人公達。 一度は片隅に追いやられ敗北を喫します。 ピッツバーグという当時から斜陽な ...

映画レビュー

『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』『インフェルノ』カトリックを理解するために

2019/6/19  

ロバート・ラングドンシリーズ三部作を一気に鑑賞 本来は『天使と悪魔』が第一作目なのですが、映画では『ダ・ヴィンチ・コード』が第一作になっています。 『ダ・ヴィンチ・コード』と『天使と悪魔』は宗教的な謎 ...

映画レビュー

ビデオ『アイランド』医療技術の発達に倫理観は不要なのだろうか

2019/6/19  

2019年という近未来を扱った映画 アイランド (字幕版) posted with カエレバ ユアン・マクレガー Warner Bros. 2013-11-26 Amazon 私は10年ぐらい前に観ま ...

映画レビュー

『君の名は』はただ美しく、置いてきてしまった『想い』を掘り起こす

2019/6/19  

今更『君の名は』Blu-rayで観て大切で忘れかけてた想いに涙した こだわりぬかれた美しい映像美 登場人物の爽やかさ、暴力描写がない優しさ 未来を変えることが出来るというメッセージ性 出会いは必然だと ...

ロボコン

映画レビュー

Primeビデオ『ロボコン』ずっと今が続くといいのに

2019/6/19  

『ロボコン』 『ロボコン』の正式名称は「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト」です。 1988年スタートですね。 まだテレビを観ていた時代、よく見ていました。 若者らしいアイデアとユーモア ...

映画レビュー

Primeビデオ『宇宙兄弟』2025年までに月に日本人は立てるのだろうか?

2019/6/19  

コミック原作の『宇宙兄弟』なぜ長期間に渡り支持をうけているのかわかりました 登場人物の外観が原作コミックに忠実でなにげに嬉しかったです。 コミックそのものは全編を読んだことがありません。 宇宙飛行士に ...

映画レビュー

Primeビデオ『博士の愛した数式』こんな授業を受けたら数学嫌いは大幅に減るだろうな

2019/6/19  

『博士の愛した数式』80分しか記憶出来ない 不慮の交通事故で、天才数学者の博士は記憶がたった80分しかもたない。何を喋っていいか混乱した時、言葉の代わりに数字を持ち出す。それが、他人と話すために博士が ...

映画レビュー

Primeビデオ『ビューティフル・マインド 』ノーベル賞学者で統合失調症の夫婦の感動実話

2019/6/19  

『ビューティフル・マインド』天才と狂気を見守る妻 全世界から絶賛された2001年度最高傑作!!  2001年度アカデミー賞R主要4部門を受賞した『ビューティフル・マインド』。監督のロン・ハワード(『ア ...

映画レビュー

Primeビデオ『 殿、利息でござる!』羽生結弦が演技してる!

2019/6/19  

『殿、利息でござる!』実話に基づく日本人らしいお話   暴力描写もなく、従って誰も犠牲者はいません。 それどころか悪人が1人も出てきません。 羽生結弦さんが殿様役で出演 原作は「穀田屋十三郎」磯田道史 ...

映画レビュー

Primeビデオ:ジャック・リーチャーシリーズ『アウトロー』と『Never Go Back』やさぐれたトム・クルーズも悪くない

2019/6/19  

MIとは違うアナログなトム・クルーズ 相変わらず走るのが好きなトム・クルーズです。 SFやハイテクな大作がメインだったトム・クルーズ 彼にとって、このシリーズは年を取っても続けられる大事なキャラクター ...

© 2020 Light Reader Magazine