X-MEN:アポカリプス 最後の敵は神というキャッチに捕まった

Review

X-MEN史上最大スケールで描く大ヒットシリーズ集大成!
最後の敵は、神

キャッチコピーがずるい!

見ざるをえませんでした。

CGもここまで来ると、アメコミの世界再現が捗りますね。

銀魂を実写化したくなるわけです。

内容は詳しくは公式

 

前半に時間を割きすぎて、最後の戦闘がもったいない感がありました。

 

『神』をやっつけるのですから、もっといたぶっても良かったのではないかと思うのは私だけです。

 

古い映画ですが大魔神を思い出しましたよ。

 

2作で一つで良いから、後半をもっと描いて欲しかったですかね。

集大成ということですが、また続編が出るでしょう。

何でもありですから。

 

あっという間の143分でした。

シリーズを知っている人には楽しめる映画だと思います。

 

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。