映画レビュー

Primeビデオ:ジャック・リーチャーシリーズ『アウトロー』と『Never Go Back』やさぐれたトム・クルーズも悪くない

更新日:

MIとは違うアナログなトム・クルーズ

相変わらず走るのが好きなトム・クルーズです。

SFやハイテクな大作がメインだったトム・クルーズ

彼にとって、このシリーズは年を取っても続けられる大事なキャラクターになる予感がします。

どこかやさぐれていて、その実正義感を失わないギリギリの姿がちょうど良い感じです。

結構面白いのでオススメします。

ジャック・リッチャーシリーズ『アウトロー』

「アウトロー」でトム・クルーズが扮するのは元米軍の秘密捜査官、ジャック・リーチャー。全米ベストセラー小説”ジャック・リーチャー”シリーズの主人公だ。 残忍な殺人事件の容疑をかけられた元米軍スナイパーは黙秘を続け、「ジャック・リーチャーを呼べ」と紙に書いて要求する。

アマゾン解説

&;

&;

ジャック・リッチャーシリーズ『ジャック・リッチャー・Never Go Back』

陸軍のスーザン・ターナー少佐が身に覚えのない反逆罪で投獄されてしまう。リーチャーは、少佐が影にある巨大な政府の陰謀のターゲットであることを知り、彼女と2人で巨大組織の重大な秘密を暴くべく、すべてを懸けて戦う。

amazon解説

-映画レビュー

Copyright© Light Reader Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.