『24シーズン10』ジャック・バウアーのいない24の世界観にホッとする

Review

24シーズン1は衝撃的だった

 

私はトリロジーボックスが発売されたあたりで、24を見始めました。

レンタルで借りてあまりにも面白かったのと、借りにくかったのでトリロジーボックスを購入しました。

何回観たか判らないぐらい観てます。

 

シーズンが進むにつれて、どんどん過激になっていって核爆発が起きたり、大統領が攻撃を受けたり(さすがに殺害された描写まではしていないが、副大統領と交代を余儀なくされた)ジャック・バウアーが狂気の行動だったり・・・よくシーズン9まで続いたと思っていました。

 

勿論全部観てます。

ただ、だんだん観るのが辛くなっていました。

それでも観てしまうのが、24のスピード観とストーリーの面白さでした。

 

ただし、アメリカの正義が透けて見えます。

それでいいのかとは思わされました。

 

そんな中、評判の悪いシーズン10を観てみました。

確かにジャック・バウアーのいない24の世界は24では無いという主張には理解できます。

ただ私には良い意味での24の世界観が出ていて、しかも物語としても面白かったですね。

12話というのも適切なサイズだと思います。

 

観るのをためらっている方には、背中を押してあげたいビデオでした。

 

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。