10月21日国際反戦デー:総評が世界に呼びかけて日、争いごとが好きな組織ですね

essay

国際という名の日本だけのイベント

 

元々はベトナム戦争に反対するという形で総評が世界に呼びかけた活動です。

労働運動とは異なります。

したがって今では左翼のイベントになっています。

マザー・テレサが平和運動には参加するけど反戦活動には参加しない

と語っていますが、本質を見極めた発言だと思います。

被爆者団体でさえ、分裂させる(争いを持ち込む)集団です。

ベ平連もそうですが、ベトナム戦争終結後に起きた悲劇については、特に活動をしていません。

ベトナムを非難もしていません。

どこの国の支援で活動しているのかがよくわかります。

 

ベトナムの悲劇については、いくつか本を読みましたが南ベトナムが欧米のせいで腐敗しきっていたために、一般人が犠牲になったとしか思えません。

私はベトナム人が好きですが、終戦直後の弾圧は共産主義者らしく許せるものではありませんでした。

 

戦いをなくすために戦う:左翼

 

護るべきモノのために戦う:右翼

 

私はやはり右翼なのかな

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

モミジアオイ 花言葉:思いやり

丙戌

 

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。