10月28日速記記念日:速記のような字を書く私は速記を見る気がしません

essay

速記のニーズはいつまで?

 

速記は結構以前に、はやった気がします。

私も早稲田速記の本を買って試してみました。

残念ながら速記も普段の字も変わりなく、判別不能でしたのであきらめました。

 

国会中継などで速記者が頻繁に席を交代している様子が映ります。

大変な仕事だと認識しています。

 

 

 

時々、発言を削除してもらうためにデジタル記録では無く、まだ速記を使うかなと思っています。

 

なぜならあの、山本太郎議員のパフォーマンスと発言を速記でなく、デジタル画像でそのまま記録したら、後生の笑いだねでしょう!

整った文章にしてしまうとたいしたことの無い発言を繰り返す野党議員さんたちでも、その表情・声のトーンで悪意が伝わります。

速記からの記録おこしは与野党の失言対策にとって不可欠なのでしょうね。

 

取り調べの可視化を叫ぶ特に野党議員が何故、国会のデジタル映像記録を主張しないのか疑問でした。

速記の日に 『ああそういうことかな』とか思う今日この頃です。

 

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

 

ヤハズカヅラ 花言葉:美しい瞳

癸巳

 

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。