クリックが励みになります

「どこでもドア」初の実証実験 ホームドア導入阻害要因を解決へ 京急

日本でホームドアが普及できない理由に、車両の多様性が挙げられます。

ドアの位置が多様で、ホームドアを固定できないのです。

 

そのことは、決して悪いことではなく、利用者のニーズを考えた車両を作られてきた経緯を尊重すべきです。

 

そんなこんなのホームドア事情ですが、なんと京急さんが、画期的な実証実験をされるようです。

 

2016-10-30_10h02_10

元記事http://trafficnews.jp/post/59026/

「どこでもドア」初の実証実験 ホームドア導入阻害要因を解決へ 京急

そこで今回の京急のニュース、タイトルが良いですね。キャッチされました。

どこでもドアという発想が素晴らしいです。

 

ホームドアの設置で列車飛び込みが減少しているそうです。

危険防止だけではなく、自殺を思いとどまらせる役目も期待できます。

混雑時など、どうしても車両側に押し出されてしまうこともあります。

いつ何時、他人事ではすまされない事態に巻き込まれるか判りません。

 

改善に改善を重ねて、是非とも日本中の駅にホームドアが設置されることを切望します。

 

因みにこのような取り組みもなされています

 

2016-10-30_12h17_29

040423

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/