essay

essay

『自閉症、ニホンザルも…人間以外で初の確認』を読んで

2016/11/21  

対人関係を築きにくいとされる「自閉スペクトラム症」と同じ症状を持つニホンザルを確認したと、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などのチームが明らかにした。 人間以外の動物で、遺伝子操作をせずに ...

essay

『86歳僧侶を“ひき逃げ”で逮捕 女性軽傷』を読んで、免許制度への長年の疑問がよぎる

2016/11/19  

新潟県上越市で普通乗用車と軽自動車が衝突する事故があり、60歳代の女性が軽傷を負った。警察は現場から立ち去った普通乗用車を運転していた86歳の僧侶の男を、ひき逃げなどの疑いで逮捕した。 引用元 この記 ...

essay

「地裁が泣いた介護殺人」10年後に判明した「母を殺した長男」の悲しい結末を読んで

2018/2/2    

2006年2月1日、京都市伏見区の桂川の遊歩道で、区内の無職の長男(事件当時54歳)が、認知症の母親(86歳)の首を絞めて殺害、自身も死のうとしたが未遂に終わった「京都・伏見認知症母殺害心中未遂事件」 ...

essay

本当はいつでもそこに輝く星が存在する

2016/11/8    

いつだかの日蝕の写真です ウキウキしながら撮影してました カメラの能力が低かったのでこんな感じの写真です。 写真の世界のプロだった私としては、芸術的に撮られた写真もいいですが、瞬間の「撮りたい!」とい ...

essay

長年の疑問解決:ロシアの宇宙船はどうやって帰還しているのか

2019/6/26  

私は、学校のテレビでアポロ宇宙船の月面着陸と、初の船外活動の様子を見ていました 地球に帰還するときは、太平洋上に着水して空母から迎えに行ったのだと記憶しています その当時からロシア(ソビエト)の宇宙船 ...

陰徳陽報 スモールプレゼント

essay

『スモールプレゼント』の習慣:陰徳陽報を心がけて心豊かに過ごす

陰徳陽報:素敵な言葉の贈り物 年始の挨拶の言葉として、『陰徳陽報』という言葉を贈られました。     『淮南子・人間訓』の中の言葉です。   「陰徳有る者は、必ず陽報有り ...

ろうそく 諺 ことわざ

essay

燈台下暗し(とうだいもとくらし)

2016/11/2    ,

灯台下暗しとは、ろうそくは周囲を明るく照らしているけれども、その真下は影になって暗いことから、人は身近なことには思いの外、気づかないものだという意味になります。   今の世の中、蝋燭(ろうそ ...

essay

「どこでもドア」初の実証実験 ホームドア導入阻害要因を解決へ 京急

2016/11/1  

日本でホームドアが普及できない理由に、車両の多様性が挙げられます。 ドアの位置が多様で、ホームドアを固定できないのです。   そのことは、決して悪いことではなく、利用者のニーズを考えた車両を ...

© 2020 Light Reader Magazine