10月8日コンビニATMの日:便利だしよく使うのですが、ルールが頻繁に変わるのだけはなんとかなりませんか!

essay

銀行ATMが出来てから

 

コンビニに銀行ATMが導入され始めた当初は、まだまだ銀行の支店も多かったですし、銀行そのものがATMコーナーを都市の中心部に抱えていました。

従ってそこまでコンビニATM利用頻度は高くありませんでした。

手数料の問題もありましたので、極力銀行直営のATMを利用していました。

 

 

 

 

利用頻度が上がったのはネットバンクの利用を初めてからです。

 

ジャパンネット銀行の設立当初の利用用件が画期的で、メインにこそ使えませんでしたが、普段使いには十分過ぎました。

 

その後、銀行もコンビニATMへの依存を増やし、自社ATMコーナーの閉鎖、他行との統合を繰り返すうちにすっかりコンビニATM利用が定着してしまいました。

 

 

 

そんな中、たびたび利用条件を利用者に不利なように改定してきたネットバンク側に呆れたのと、三菱UFJ銀行のネット利用環境が整ってからセブン銀行の三菱UFJ利用はかりしていました。

 

 

ところが、三菱がセブンからの利用条件を変えたことで、またネット銀行利用へシフトしました。

 

今、デビット払いが定着しようとしています。

健全なキャッシュレス化だと思います。

 

金融機関の整理統合が進むことになるでしょうね。

 

新たなネットバンクへの参入をするかもしれません。

 

私は今はソニー銀行とジャパンネットバンク併用で殆どのことが出来ています。

三菱UFJには手続きが面倒なので、引き落としなど、当初からの契約が残っているだけです。

 

 

携帯電話もおそらく同じだと思いますが、私たちは利用者に不利な変更でも、通知一つで出来る契約を交わしているのだと思います。

少なくとも私は、契約書なんてよく読みませんから。

 

契約の不利な条件への変更は、規制をかけても良いと思うのですがどうでしょうか?

ハッキリと不利と判る条件変更は現行法でも不可能なはずです。

 

今となっては、当初のネットバンクの利便性・優位性が夢のようです。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

トーチリリー  花言葉:恋の痛み

癸酉

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。