市販の「カット野菜」に栄養はあるのか、専門家に聞いてみたを読んで

市販の「カット野菜」に栄養はあるのか?

これって前々から、疑問に思っていました。

昭和女子大学生活科学部の佐川敦子専任講師に取材しました。

ビタミンC残存率は85%

 佐川さんによると、カット野菜は水洗いした後、殺菌液に漬けてから販売されているといいます。水に浸すとビタミンCの含有量が減少してしまうイメージがありますが、水に浸した後もそれほど減ることはないそう。たとえば、千切りにしたキャベツを約15分間、水に浸した後のビタミンC残存率は約85%という結果もあるようです。

引用元:オトナンサー

率直な感想は予想外

他でも調べて見ましたが、水溶性のビタミンなどは抜けやすいようですが、食物繊維などの他の栄養素は、想像していたよりも残っているようです。

冷凍野菜などは、むしろ旬の時に冷凍するので、栄養価が高いそうです。

食肉の関係の方に聞いた事がありますが、今の冷凍技術はドンドン進んでいて、加工後直ぐに冷凍すれば、1年は充分美味しさが保てるそうです。

ケーキにしても野菜にしても、あるいは、沖で取れた魚にしても、瞬間冷凍技術の開発向上で、思いのほか、栄養価の残っている食材として提供されているのですね。

認識をあらためました。

野菜高騰の折、賢く使うべきですね。

こちらのサイトに詳しいデーターがありました。

カット野菜にも栄養素は残っている?!証明できる4つの根拠