にわとりが先か卵が先か議論したことがありますか?無意味の中の意味

Curiosity

好奇心ってどこから生まれるのか、どこへ消えてしまうのか?

cute-animals-easter-chicken

 

鶏が先か、卵が先かの議論を小学校の授業でした記憶があります。

この話は、当時は当然結論が出るわけでなく、しばらくの間、友達同士や、家族の会話のネタになっていました。

 

  • 誰も傷つけない命題・・・
  • 親子や友達同士のコミュニケーションの材料・・・
  • 好奇心の扉を開く・・・

 

授業で真面目に取り上げられた事に感謝すべきですよね。

 

この問題は、今でも、真面目に分析されています。

  • 哲学的な側面
  • 生化学的な側面
  • 数学的な側面
  • 神学的な側面
  • 東洋哲学的な側面

※詳しくはウキペディア

 

たぶん、子どもの頃に、心にフックがかかってしまった人が、たくさんいたのでしょうね。

 

私は、宇宙の果ての問題を結構真面目に考えたりしていました。

 

三面鏡で合わせ鏡をすると無限に自分が映し出されますが、何人まで自分を数えられるか、一人で遊んでいました。(問題児です)

 

知らない道に入り込むのが大好きでした。

 

私が、大陸移動説を知ったのは、高校の時だと思います。

1912年ぐらいに提唱されて、1960年ぐらいまでは、異端扱いの理論です。

 

子どもの頃、地図のジグソーパズルがありました。

パズルをやっているうちに、アフリカ大陸と南米大陸がピッタリくっつくと感じていました。

 

でも、まさかね!

 

まだ、プレートテクトニクス理論など認知されていない時代です。

まさか、陸地が動くなんて思いません。

 

天動説から、地動説に正解が移った時代の人々も、まさに驚天動地だったでしょうね。

これも、星の動きに好奇心を持った人々(コペルニクス他)の成果です。

 

好奇心は、心が動かないと生まれません。

好奇心の対象に出会えないからです。

物理的な動きだけでなく、情報のシャワーの中でも本来、好奇心は生まれてくるはずです。

 

「こんなこと質問したら笑われるかも」

「知らなかったことが知られたら恥ずかしい」

「こんな質問無意味なのでは」

 

羞恥心が好奇心を上回った瞬間、大人になると云うことでしょうか?

 

 

無意味の中の意味

 

これは、トンチ問題です。

私は、子どもの頃から「無意味の中に意味がある」という概念を持っていました。

 

「無意味の中に意味がある」

 

無意味な事ばっかり考えたり、やりたがっていた、私の意固地な考えの集大成です。

 

  • ネット上の知識だけで、分かった気になる。
  • ネット検索能力の高さが自慢。
  • 知識の量が、優秀さの証。

 

やってみないと分からない事が多すぎる現実世界。

知識は、先人の偉業であって、データーベースへのアクセスさえできれば誰でも知り得ます。

 

  • 空気がかわる!
  • 違和感がする!
  • 相手の本心が、云ってることと違う。

 

相手に興味がないと分からない事です。

好奇心は子どもだけの資質ではありません。

 

たまごが先か?ニワトリが先か?

今でも結構面白い話題だと思います。

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。