「唯識」という生き方: 自分を変える仏教の心理学を読んで




唯識

唯識という言葉を意識するようになりました。

まだまだどんな世界なのかは、つかめていませんが学び始めた内容をシェアしていきたいと思います。

 

私は、横山 紘一 先生の

〈新装版〉「唯識」という生き方: 自分を変える仏教の心理学 

から学び始めました。

 

専門書でもあり、難しい仏教用語も出てきます。

しかし、横山紘一先生は極力平易でわかりやすい表現を使って説明されています。

また、図も適所に配置されていて理解の手助けとなっています。

横山紘一先生の引用される例示もまた、興味深いものが多かったです。

 

自己啓発 そして 自分探し

自分探しの本やセミナーが氾濫しています。

 

内面にアプローチするかのようなスピリチュアルなカウンセリングをされる方も多いようです。

前世占いなどなど・・・・・・・・

 

私は、全てを否定するつもりはありません。

 

実際私の周りには明らかにスピリチュアルな方が何人もいます。

 

 

むしろ私は、

人智を超えた存在、龍、日本的な意味での神の存在

については、肯定さえしています

 

私が自分自身も含めて言いたいのは、もっと自分自身を見つめることが大切なのでは?

それからでもスピリチュアルな人たちに頼るのは遅くないのでは?

という提案です。

 

病は気から!

プラシーボという偽薬!

 

自分にとって良い結果を信じさせてくれて、実現に効果があることは決して無駄ではありません。

 

ただ、現状はあまりにもビジネスに隔たった偽物に近い人たちが多い気がするのです。

 

心地よい言葉だけに包まれるのではなく

深く、自分自身で自分というものを見つめることができれば・・・・・

偽物を受け入れる必要がなくなるはずです。

 

そんな自分を見つめる一つの考え方として、哲学としての唯識に触れていきたいと考えています。

 

はじめに

この世にこうして人間として生を受けている私たち、その私たちの生きる目的はいったいなんなのでしょうか。
いま、ほんとうに世は乱れています。広く地球規模では、地球環境問題から民族紛争、宗教対立、そして日本国内では家庭内暴力、教育現場の崩壊、若者による安易な殺傷事件、政・経・官にわたる不正事件など、もう数えきれないほどの諸問題が起こっています。
・・・・・・・・・・・・・・
これらすべては人災であり、人間が原因で起こる出来事であります。人による病であります。ですからまた、それらの病は人によって治すことができるところに希望があるのです。
・・・・・・・・・・・・・・
病の根本原因は人それぞれが持つ「自我執着心」であるといえるでしょう。
私、自分、己・・・と思うこのエゴ心が身近な家庭内対立から、民族間・国家間の戦争を引き起こすことになるのです。
このような幾多の病癖を癒すには、一人ひとりの人間が「生きる目的」をはっきりと認識して、それに向かって努力精進する以外に道はありません。
・・・・・・・・・・・・・・
自己の深層に潜む粘っこい自我執着心の種子を焼き尽くすとき、気が付いてみると、自分も幸せになっているかもしれません。
引用元:〈新装版〉「唯識」という生き方: 自分を変える仏教の心理学 
後にも触れますが、執着心(エゴ)目的意識や願望は同じものではありません。
私は目的意識、向上心は必要だと思います。

 

この部分がしっかりと認識されていないとどうなるか・・・・

 

盲目的な服従者に成り下がってしまいます。

 

私には、かって 宗教施設に近づかなかった時代がありました。
今の私を知る人は驚くかもしれませんが神社にさえ行きませんでした。

 

理由はおいおいとお話ししますが、私は宗教と宗教団体を同一視してしまっていました。

 

しかし根本的に違う存在だと気づきました。

 

この点は、リチャード・バックの新版カモメのジョナサンやイリュージョンに書かれている心情と私の感覚が同じ気がします。
この2冊につきましてもレビューを書くつもりです。

 

話を戻します。
私達は一人ひとりが一宇宙の存在だという唯識論がとても腑に落ちました。
次回に詳しく触れさせていただきます。

 

本当に楽な生き方なのか?

盲目的な服従者は表面的には、楽だと思います。

 

自分で判断することなく、指導者や教祖様のいうことをひたすら続ければいいのですから。

 

それが本当の救済でしょうか?
人間としての尊厳がそこにあるのでしょうか?
使命は一人ひとり異なるのではないでしょうか?

 

私が今、感じていることは
私たちは一人ひとりが、使命や他者のために存在している
ということです。

 

そしてその使命を果たすために自分とはを問い続けることが必要なのだと。

 

そのためには主体としての自分が必要だと思います。

 

誰の指示にもよらず、自分の宇宙をコントロールする。
自分の居場所を探す旅、幸せを探す旅
まさに青い鳥の世界です。

 

振り回されないために

私にとっては

 

宗教家も独裁者も手品師も詐欺師

 

でさえも同じに見えます。

 

心に入り込み支配し、奪い去る存在

 

自分の人生を生きるために
自分を深く見つめる。
自分という存在をきちんと認めて上げる。
自分の価値を認めて上げる。
自分は社会の役に立てる存在だと認識する。
そして、自分を愛する。

 

そこには探していた、自分がはっきりと見えてくると信じています。

 

少しずつ唯識について学び感じたことをシェアしていきたいと思います。

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/