本レビュー

穴掘り思考からの脱却!龍使いになれる本を読んで

更新日:

穴掘り思考ってご存知ですか?龍使いになれる本

龍使いになれる本の中に、龍が嫌いな人リストがあります。

そして、龍とつながれない人として 穴掘り思考の人が上げられています。

『龍使いになれる本』によると

「自分なんてダメだ」「自分はここがイケてない」という穴を堀りながら、その穴を埋めるために、必死で「自分は素晴らしい」「もっと頑張ろう」と思おうとしている思考のことだそうです。

私は、人生において、穴掘り思考でなかった時期が無いと思います。

自分がダメだと思うのは、なにか(たいていは他者)と比較するからですよね。

自分を見つめる作業と紙一重の世界な気もします。

大切なことは、オープンマインド・フラットな状態になれるかだと思います。

しかし、そこがむずかしいこと!

理想は絶対的であるほうが、素敵です。

しかし、現実は、相対的です。

相対性の中で生きている私達が、穴堀り思考から逃れることが出来れば、理想の世界かそれに近い現実を引き寄せるのでしょうね。

ネガティブな感情の是非

龍使いになれる本にも書かれていることです。

モチベーションを上げる本にも時々、書かれています。

陰陽五行論的にも合っていると思います。

ネガティブな思考と呼ばれるエネルギーは決して悪くない

問題は、ネガティブな思考のままで、行動してしまうこと!

龍であれ、神と呼ばれる存在であれ、あるいは、人の前で人生を語る一流の宗教家・学者先生・セミナー講師であれ、完璧な人を求めてはいないはずです。

もし求める存在ならば、貴方の存在はまやかしですねと言い放ちます。

  • 完璧でない人間が、完璧でない人生を過ごしている。
  • 今、この瞬間を生かされている。
  • 今のままの自分を好きになる。
  • 過去の自分も、自分そのものだと認める。
  • 未来の自分も、あるがままに大好きだと受け入れる。

凄く単純そうですが、なかなか出来ないこと!

龍使いになれる本の中で龍の背中に乗る話が出てきます。

ネバーエンディングストーリーの世界ですね。

実は、この映画が大好きでVHSでもっていました。

私も龍が大好きです。

だから、龍族には好かれたい!

龍使いになれる本は自己啓発本


龍使いになれる本は、けっしてファンタジー本ではありません。

意図しているかどうかは、分かりませんが、自己啓発本になっていると思います。

龍に愛される生き方は、人に愛される生き方でもありました。

龍のエネルギーに触れるということは『引き寄せの法則』をつかうことだとも感じます。

地球上の至る所に存在する龍伝説

伝説には因果の法則でいう『原因』が存在するはずです。

意味も無く伝説は生まれないでしょう。

色々な意味で面白い本でした。

-本レビュー
-

Copyright© Light Reader Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.