Googleカレンダー共有が便利!日干支カレンダー作成公開

日干支,カレンダー,Googleカレンダー,共有 共有01 Review

Googleカレンダー機能を使いこなすと何かと便利-Googleカレンダーを共有する

 

自分のために日干支カレンダーを使っています。

そこでもしかしたら、他者のお役に立てる可能性を感じました。

ニーズがあるかもしれないと思い、日干支カレンダーを公開してみました。

 

 

Googleカレンダー公開リンクの使い方

 

公開リンクです。

 

h■ttps://calendar.google.com/calendar/ical/8hp1gmko3m4kmdmtspe7t9glt0%40group.calendar.google.com/public/basic.ics

コピーアンドペーストした後で、■を削除してください

 

 

◆Googleカレンダーを開く

日干支,カレンダー,Googleカレンダー,共有 共有02

 

◆このリンクをコピーする

h■ttps://calendar.google.com/calendar/ical/8hp1gmko3m4kmdmtspe7t9glt0%40group.calendar.google.com/public/basic.ics

 

◆カレンダーを追加を開くURLで追加を開く→ペーストする

日干支,カレンダー,Googleカレンダー,共有 共有03

 

◆『■』を削除する

日干支,カレンダー,Googleカレンダー,共有 共有04

◆日干支カレンダーが表示される

◆日干支カレンダーが不要な場合は削除してください

 

Googleカレンダーを公開する方法

カレンダーを一般公開して共有する
パソコンで Google カレンダーを開きます。
右上にある設定アイコン 設定 次へ [設定] の順にクリックします。
共有するカレンダーの名前をクリックします。
[アクセス権限] を開きます。
[一般公開して誰でも利用できるようにする] のチェックボックスをオンにします。
他の人に予定の詳細を見せない場合は、[予定の時間枠のみを表示(詳細を非表示)] を選択します。

カレンダーを一般公開して共有する

 

◆Googleカレンダーで共有するカレンダーを選びます

 

日干支,カレンダー,Googleカレンダー,共有 共有05

 

◆設定と共有を開く→アクセス権限を選択

日干支,カレンダー,Googleカレンダー,共有 共有06

 

『共有可能なリンクを取得』で共有することも出来ますが、iCal形式でのリンクが手軽です。

 

 

◆カレンダー共有の中の『カレンダー統合』までスクロールさせます

 

日干支,カレンダー,Googleカレンダー,共有 共有08

 

◆iCal形式の公開URLをコピーして必要な方へ連絡します

私の場合はこのブログへ貼り付けました。

公開リンクは、この記事の先頭部分『Googleカレンダー公開リンクの使い方』を参照してください。

 

 

Googleカレンダーを相手を指定して共有する

自分のアカウントのメインのカレンダーを共有することも、すでに作成した別のカレンダーを共有することもできます。

パソコンで Google カレンダーを開きます。Google カレンダー アプリではカレンダーの共有機能はサポートされていません。
ページの左側に [マイカレンダー] セクションが表示されます。必要であれば、クリックして展開します。
共有するカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次へ [設定と共有] の順にクリックします。
個人と共有する場合は、[特定のユーザーとの共有] で共有相手のユーザー名またはメールアドレスを入力します。
共有設定を変更する場合は、[アクセス権限] セクションのプルダウン メニューからオプションを選択します。各オプションの詳細については、下記をご覧ください。
共有相手を追加する場合は、[ユーザーを追加] をクリックします。
ユーザーを追加して、[送信] をクリックします。
個人のメールアドレスを使ってカレンダーを共有した場合、共有相手の [他のカレンダー] リストにそのカレンダーが自動的に表示されます。メールグループを使った場合は、共有相手が Google カレンダーからの招待メールに記載されているリンクをクリックすることで、そのカレンダーが相手側の [他のカレンダー] リストに表示されるようになります。

既存のカレンダーを共有する

 

ご夫婦や仲間内などのスケジュールを把握するのに便利です。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。