個人でも可!Facebookページの作り方、使い方そしてFacebook広告の解説




Facebookページ作成にチャレンジ

Facebookページ?

『Facebookページ』を目にすることが多くなってきたと思います。

ビジネスユースな利用が目に付きますが、個人でも充分に活用出来ます。

しかも無料です。さらにいくつでも(2016年11月現在)作成できます。

 

HPを作るのがハードルの高い方、簡単にアピールの場を作成したい方にはうってつけのサービスだと思います。

 

Facebookの特徴

特徴はFacebookの機能を最大限に利用できることで作成者側にとっては大きなメリットです。

「いいね!」ボタンを押して頂けるとフォローしてくれることになり、そのユーザー様ののタイムラインへ継続的に情報が発信されます。

当然、そのユーザー様の友達の方々への情報露出が出来ます。

連鎖的にユーサー様が増えたり、イイネの機能によりバズといわれる状態が形成される可能性も高まります。

また、SNSの本来の目的であるコメントを活用した、訪問者様との直接的なコミュニケーションが取りやすくなるメリットもあります。

 

さらにFacebook広告という格安の広告を打つことが出来ることができます。

 

Facebook広告の効果は、サービス内容、発信の仕方によると思いますが、スタートアップの手段としては秀逸だと思います。

特にFacebook側で分析をかけてくれますので、作成者は、予算管理とタイミングだけを考えれば良く、作業負担が大幅に軽減されます。

さらに、Facebook広告の効果分析も行われますので、Facebook広告の精度を高める事が出来ます。

 

 

Facebookを作成する

Facebookページ Facebook広告 作り方 設定

 

まずは Facebookページを作るをクリックします。

 

Facebookページ Facebook広告 作り方 設定

 

ジャンル分けは広告作成の時に、Facebook側で参考にされるのだと思いますが、かなり大雑把ですので、私は深く考えずに選択しています。

それぞれのジャンルで必要記入項目が異なります。

ここは、Facebook側の指示に従い記入します。

 

Facebookページ Facebook広告 作り方 設定

 

名称は事前に熟慮された方が良いと思います。

再度、同様のサイトを立ち上げることは出来ますが、Facebookページそのものは、ある意味、永遠に残りますから。

 

Facebookページ Facebook広告 作り方 設定

 

簡単にFacebookページが作成されました。

 

Facebookページ Facebook広告 作り方 設定

 

出来た直後のFacebookページのアドレスが、長すぎますので、判りやすい短めのアドレスに変更しました。

作成者も覚えやすいですし、第三者に打ち込んで頂く場合も負担が少ないメリットがあります。

注意事項としては、原則として変更は1回だけだということです。

 

イイネの数で変更が出来るシステムが今現在は存在していますが、今後の事は不明ですのでこの点も事前に良く考慮すべきです。

 

なお、ユーザーネームは申請順(早い者勝ち)ですので、シンプルなユーザーネームは、既になかなか取れない状態です。

 

Facebookページ Facebook広告 作り方 設定

 

カバー画像を作成して、表示させました。

HPらしく見栄えを整えていきます。

 

Facebookページ Facebook広告 作り方 設定

 

ここまで来たら、後は記事の投稿・充実ですね。

ご自分のサイトとの連携も簡単に図れます。

 

 

折角ブログを書いてもあまり観てもらえないと寂しいものです。

 

集客の手段として、個人でも有効活用を考えてみられたら如何でしょうか

 

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/