クリックが励みになります

情弱からの解放::アスペルガーを知らなかった時代があった

このブログを書いているきっかけ

アスペルガー 吉濱ツトム

1.実は、なんとはなしに、「アスペルガーの人たちは凄いよな」と心に浮かんできました。

 

私は、時々『アスペルガーなのでは』と言われます。

 

確かに、自分は、アスペルガー診断では重度ですが、アスペルガーだとの認識はありません。

おそらくは、違うと思っています。

 

 

少なくとも心療内科へ行こうと思ったことはありません。

 

 

生き苦しかったのは事実です。

今も、周囲に溶け込むことができません。

孤独を好みます。

その他にも、アスペルガーの特徴に近いものがあります。

 

 

 

何となく私が、アスペルガーだと思う方がでそうです。

皆さんも、アスペルガーを知ると、『何となくこの部分は当てはまるかな』と感じるかも知れません。

 

つまり、多くの方にも、アスペルガーの要素が少しはあると思うのです。

 

 

吉濱ツトムさんによるとアスペルガーは遺伝する可能性があるようです。

少しずつ、アスペルガーの要素が広まっていくのかも知れません。

 

私は、ここまで生きてきましたので、アスペルガーかどうかは気にしません。

私としては、どちらでもOKです。

 

 

しかし、アスペルガーを知ってしまうと、症状の重い方がいるのに気づきます。

色々な葛藤・苦労をされていました。

自殺未遂まで、追い込まれていたり・・・・・・

 

 

今まで私は、そんな苦悩を知らなかったのです。

 

 

アスペルガーを知ってしまった “今”

こんな自分よりも、

厳しい症状をお持ちの

アスペルガーの方々は、

凄いよなと心に浮かんできました。

 

 

 

 

2.吉濱さんのブログに心が動きました。

アスペルガー 吉濱ツトム

 

アスペルガーの方々は凄いよなと思ったタイミングで

吉濱ツトムさんのブログが飛び込んできました。

 

アスペルガー人(もちろん発達障がい全般)が傷つく言葉。
「それだったら、誰だってアスペルガーだよ。」
勇気を持って吐露した時ほど、その傷は深くなる。

出典:吉濱ツトム

 

勇気を持って吐露した時ほど、その傷は深くなる。

 

人を傷つけるって、簡単な出来事です。

気をつけたいと思います。

 

3.あめ太郎君のブログに刺激されました。

アスペルガー 吉濱ツトム

 

そして追い打ちをかけるように、あめ太郎君が

自分の気持ちを吐露されました。

 

アスペルガーの雑感{色々思うことがあるみたい?}

July 27, 2017

さすがにここに全て本音を書くわけにはいかないけど、

たまになるほどなって人のブログ見てておもう…

 

僕がアスペルガーと分かってから

人の優しさとはなんぞやと考えたりしました

 

愛と寛容が大事と言ってる人があっさり離れてったり

ばかにする意図はなくても障害しゃを下にあつかったり

 

持ち上げたり落としたり(笑)

 

前にも描いたけど、障害者の処理に困ってる人たちがいて彼らが何か当事者の苦しみとは別のところで当事者をまじえず議論してる☆

 

そんな印象を受けるんである。

 

よくきく

薬は必要ですか?

とかね…

障害は個性ですとかね

 

嬉しいのかねこれいわれて

受け入れてもらえるのはありがたいがそこに当事者の気持ちあるとは限らない。

 

優しさとはなんぞや。

出典:アスペルガーの観た世界

 

本音を発信することで、むしろ理解が深まることもあると思います。

 

攻撃的な表現も、気持ちが伝わって自分は好きです。

 

理解してくれない人は、どこまで行っても理解してくれない。

 

だったら誤解なんかほっといて、感じてくれる人、理解してくれる人に想いを分かち合う・・・・・

 

 

 

もしかしたら、

障害者の被害者意識過剰

あるいはエゴだと

思った方もいるでしょう!

 

 

その気持ちも、実はよく解ります!

その辺の詳細は、次のブログで書くつもりです。

 

 

バニラ・エアが燃えている。しかし、木島さんも燃えている。そして俺も燃えてしまった。

 

もしかしたら、あめ太郎君は、エゴに近いと思われる部分も発信するかもしれません。

 

しかし、指摘する部分は指摘するとして、発信を止めさせてしまうようなプレッシャーをかけるべきではありません。

発信していただくことで、少なくとも私は、アスペルガーへの理解が深まっています。

 

 

私も、

あめ太郎君も、

そしてアスペルガーの皆さんも、

周りにいる人々も

 

先へ進むべきです!

 

 

アスペルガー・ADHDをご存知ですか?

 

私は、ほんの2年程前までは、アスペルガーもADHDも意識された言葉として知りませんでした。

おそらくは、アスペルガー・ADHDという単語は、見聞きしていたとは思います。

しかし、アスペルガーもADHDも、自分には直接的にも間接的にも関係のないワードでした。

 

まさに、右の耳から入っても左へ抜け、目で活字を眺めたとしても脳は素通りさせていました。

 

ところが、ある日突然、吉濱ツトムさんを知ることになります。

そして、アスペルガー・ADHDという言葉を意識するようになりました。

 

吉濱さんの紹介は、私には荷が重いので公式サイトをご紹介しておきます。

吉濱ツトムのオフィシャルウェブサイト

吉濱ツトム公式ブログ 「未来への思考法」

 

私は2度お会いしていて、お話もし、質問もさせていただきました。

とても誠実な方です。

そして強い自分をお持ちです。

 

正直、私と感覚が似ている方かなと感じました。

 

私が、適当にアスペルガー・ADHDについて語るよりも、吉濱ツトムさんの本をお読みになるほうがわかると思います。

ご自身がアスペルガーなので、ご自身のタイプのアスペルガーに関しては、特にわかりやすいです。

 

専門的な方の本などを読むと、分類が細かくて、鬱や自閉症的な表現が目立つ気がします。

 

しかし、吉濱ツトムさんはアスペルガーは機能障害だといわれます。

訓練や周りの理解で、アスペルガーらしい才能を開花させられるのです。

 

抗精神剤や心療内科などの薬漬けにされることなく、本来の人間的な生き方をできる存在です。

 

この、吉濱さんの説は多くのアスペルガー・ADHDの方や家族を精神的にも救ったと思います。

 

病気ではないのですから!

 

アスペルガーの特徴

 

代表的なアスペルガーの特徴

 

たくさんの方が特徴を述べています。

しかし、一貫性がありません。

診療内科の方の分類と吉濱ツトムさんの立場とは違います。

私は、アスペルガーの方々が救われる瞬間に立ち会ってきました。

なので、吉濱ツトムさんの説に同意したいと思います。

 

吉濱ツトムさんの言葉

「それだったら、誰だってアスペルガーだよ。」

この言葉に全てが表出してると思います。

 

アスペルガーセルフチェックテスト

気になる方はセルフチェックテストができます

 

アスペルガー診断テスト

 

上記以外にも沢山のセルフチェックテストがネット上にはあります。

診断テストは、吉濱ツトムさんもネット上で行っています。

私は、実は吉濱ツトムさんのサイトで診断しました。

 

了解を取っていないのでリンクは張りません。

本を購入すると、中にアドレスがありました。

 

 

 

 

あめ太郎君のこと

 

アスペルガー ADHD 吉濱ツトム

画像出典:自己紹介:[アスペなぼく]

出会いと印象

画像のあめ太郎君と実物の間には

私の印象としてはかなりのギャップがあります。

 

 

非常に礼儀正しく、

頼んだ仕事に真面目で真摯に

取り組んでくれました。

 

 

確かに、とっつきにくいかもしれません。

でも、その点は自分と大して変わりません。

むしろ自分の方が問題がありそうです。

 

その時に彼の絵を見せて頂いて、

驚きました。

 

丹念で根気がいるだろうことは、

容易に想像できる作品群でした。

 

 

そこで、お願いして私のために絵を一枚描いて頂きました。

 

 

私のために書いてくれた大切な絵画

アスペルガー 吉濱ツトム

あめ太郎君のブログ・公式サイト

「アスペルガーの観た世界」

アスペルガーの人たちが、感じていることを発信してくれています。

 

世の中のお医者さんやカウンセラー、

教育評論家たちの発信とは明らかに違います。

 

 

本当の声

本当の気持ち

本当のこころ

 

 

 

無理に病名を作り上げ、

そこへ閉じ込めていく医療

 

優しそうな笑顔を見せながら

悩める人たちに何の解決策も示せない教育評論家

 

 

わかった風の評論は、

もう必要ありません!

 

私たち一人ひとりが、事実を知って

考えていけばよいと思います。

 

 

 

人は、必要とされたい生き物です。

必要とされるとは、社会的役割があることだと思います。

 

 

そして疎外感を嫌います。

もちろん疎外感は孤独感とは違います。

 

 

私は、社会的な役割を用意してあげれるように資本力をつけていきたいです。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/