クリックが励みになります

無断駐車やめさせるため提訴、200円賠償命令を読んで

正義を貫くために少額訴訟を利用する勇気!応援したいです!

 

無断駐車やめさせるため提訴、200円賠償命令

 

誤植ではありません。200円の賠償命令です。

訴訟費用と手間暇を考えたら、とてもできることではありません。

 

泣き寝入りが、普通の出来事です。

 

 

少額訴訟制度ができて、既に随分経過しましたが、具体的な案件が報道されるのは珍しいと思います。

 

確かにこの一件だけでは、「そこまでしなくても」という意見がでるでしょう!

 

しかし、このケースは訴訟にまで発展しました。

と言うことは訴えられた女性側は、不法行為(法律用語としての不法行為です)を認めず200円さえ払わないわけです。

 

たかが200円、されど200円の価値がある判決です。

 

今後、このケースのように勇気のある訴訟が増える事を応援したいです。

 

月決め駐車場に約40分間無断駐車した女性に所有者が200円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(比嘉一美裁判長)が女性に200円の支払いを命じていたことがわかった。

原告は弁護士をつけずに提訴。費用は5000円以上かかったが、「年間100台くらいの無断駐車があり、やめてもらうために訴えた」と話している。

14日に言い渡された判決によると、女性は昨年3月、大阪府摂津市内の駐車場に軽乗用車を無断で止めた。

女性側は「駐車場ではなく空き地。車を止めたからといって所有者に損害は発生しない」と主張。比嘉裁判長は「所有者には自分の土地を承諾なく利用されない権利がある」と、これを退け、近隣のコインパーキングの料金から「40分間」の損害額を算定した。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00050110-yom-soci

投稿者プロフィール

大橋雅夫
大橋雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/