宗教団体が唱える『神の御心』という「まやかし」

「神の御心」を誰が『神』に聞いたのですか?

ご訪問いただきましてありがとうございます。
今回のテーマは「神の御心」についてです。
私の主張:宗教団体が持ち出す「神の御心」は「まやかし」でしかない。

 

最初に断っておきます。

極めて微量なのですが、過激です。

私は「神」でも「大いなる存在」でも呼び名は構いませんが、存在そのものは信じています。
神秘的な体験も何度もしているからです。
私が否定しているのは、神を語り現世欲にまみれている宗教団体とその主張です。
この記事に出てくる「神の御心」とは、宗教団体が云うところの「神の御心」を指します。

神 宗教 宗教団体 キリスト教 仏教 神の御心 懺悔 聖書 スピリチュアル 占い 守護霊 001

現世界には、「神の御心」とか「神の思し召し」など、私たちの行動には絶対正義・反論することが無意味だと云われる不可思議な規範が存在します。

私は宗教団体が唱える『神の御心』を無視していますが・・・

 

 

そもそも神は絶対間違わないそうです。
貴方も私も「マザーテレサ」も「ヒットラー」も、なんの違いも無く間違いの無い存在ということです。

そして何をしてもどんな結果が現れても「神の御心」の結果なのです。

 

神 宗教 宗教団体 キリスト教 仏教 神の御心 懺悔 聖書 スピリチュアル 占い 守護霊 003

本当ですか?
誰に聞いたのですか?
まさかとは思いますが神に聞いたのでしょうか?

更に聞きます!
「誰が」聞いたのですか?

答えられる人をご存じでしたら教えてください。

 

 

私が思うに、「神に仕える」と自称している方々の思索・思慮(ただの妄想)の結果では無いのかと!

2000有余年の間、実に無駄な時間と労力を払って矛盾を屁理屈で埋め合わせてきたのでしょう。

「ご苦労様でした」とは口が裂けても言いませんが・・・・

 

神 宗教 宗教団体 キリスト教 仏教 神の御心 懺悔 聖書 スピリチュアル 占い 守護霊 004

もっと愛を広め人の役に立つことをすれば良いのに!

独り言です。

 

 

私が宗教団体のいう「神の御心」否定の理由

1 「神の御心」が絶対で有り、結果も全て「神の御心」通りであるならば、「神の御心」に反する行為・行動は存在しないのでは!?

2 「神の御心」に反する行動をする者は、人間では無く邪悪な存在なのか!?

3 もし「神の御心」と違う行為が存在しないならば、「懺悔」という行為はそもそも神への冒涜ではないのか!?

4 もしかして「神の御心」を否定する私は、絶対間違いの無い「神」の創造物ではないのか!?

5 「神の御心」であり、「神の計画」が絶対に間違いの無いもので我々はただ生きていけば良いのならば、そもそも教会などへ行く必要が無いのでは!?

6 「教会へ行くこと」も「懺悔するような行為」を行うことも「神の御心」であるならば、「教会へ行かない」ことも「懺悔」しないことも「神の御心」ではないのか!?

7 「神の御心」の及ばない世界は有るのか、それとも無いのか!?

 

 

ノーベル文学賞を取れるはずだった遠藤周作さんの『沈黙』でも感じます。

遠藤周作さんが日本人初のノーベル文学賞を取れなかったのは、小説の結末を当時のローマカトリックが気に入らなかったためだとも言われています。

『さもありなん』と思います。

 

仏教の創始者とされている釈迦は、世の中に絶対は無いと言っています。この点は別記事にしたいと思います。

ですから絶対な存在などないはずです。

私が今思っているのは、「空」はすべてを含む「神の器」であり「空」の中には絶対は存在していないということです。

 

キリスト教はどうでしょう。

そもそもキリストは「普遍の愛」の伝道者です。

キリストを「神」だというのならば、「神の御心」に従い「神の御心」の及ばない存在などないのだから布教活動は止めなさい!と言いたい。

だいたいにおいて「神の伝道者」(私に言わせれば人類愛の伝道者)であるキリストが伝道したことが正しく後世に伝えられているのかどうかも疑問です。

伝言ゲームより醜い結果が今の教団である可能性さえ有ります(極めて穏当な言い方で、私らしくありません)

 

 

神 宗教 宗教団体 キリスト教 仏教 神の御心 懺悔 聖書 スピリチュアル 占い 守護霊 004

(私らしく)
「釈迦の教え」も「キリストの教え」も欲にまみれ間違った判断を繰り返してきた教団によって、ねじ曲げられていることでしょう。

彼らのいう「神の御心」なんて貴方を支配するための「ツール」であり「まやかし」にすぎないと思います。

 

本日は、微かなほどほんの少し過激な発言をしました。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
オオハシマサオ