初めての家計お助け講座 〜お金のインテリジェンス編④〜

 

これからの生活を安心で豊かに暮らしていく

為には、

 

 

“お金のインテリジェンスを磨くこと”

 

 

が非常に大切である!とお伝えしてきました。

 

投資 お金 相談 見直し FP

 

 

今回も、お金のインテリジェンスを磨くこと

が出来る書籍をご紹介させていただきます。

 

 

流れを読まないと溺れる?

 

投資 お金 相談 見直し FP

 

2014年1月〜 NISA(少額投資非課税制度)

 

日本における個人の株式や投資信託の売買から生じる所得への課税を、一定の条件の下で非課税にする制度。この少額投資非課税制度が適用される口座(以下、非課税口座)において投資を行った場合、譲渡所得と配当所得が制度にしたがって非課税になる。

2003年1月に5年間の時限措置で、上場株式などの配当や売却益にかかる税率は、本来の20%から10%に軽減される制度が導入され、延長が行われたが、2013年12月に打ち切ることになったことや、個人の金融資産を他国と比べて突出している預金から株式投資へシフトさせ、さらなる経済成長を企図する意味合いもあり、2014年1月から、年間限度額を100万円として開始された。

 

 

 

2017年1月〜 iDeCo(個人型確定拠出年金)

対象者拡大へ

 

2017年1月から、個人型確定拠出年金「愛称:iDeCo(イデコ)」に20~60歳のほぼ全員が加入できるようになります。

確定拠出年金には、掛け金を事業主が負担する「企業型」と個人が自己負担する「個人型」があります。2017年1月から大きく制度が変わるのは個人型。

これまでは自営業者と勤務先に企業年金のない会社員だけが対象でしたが、今後は公務員、専業主婦、会社員などすべてが対象に。愛称も「iDeCo(イデコ)」に決定して身近な存在になりつつあります。

 

 

NISA〜iDeCo〜、というように

国は個人が投資することに対して明らかに

優遇しようという意図が見えます。

 

投資 お金 相談 見直し FP

 

つまり、自己の財産保護や資産形成に

対して投資運用すれば税金面でも優遇する

制度を作ったのだから、後は自己責任で頑張ってね。

 

 

という事なんです。

 

 

 

言い換えれば、上手く国の方針を理解すれば

(流れを読めば)メリットを享受できるけど、

活用しない人は自己責任(経済的不安の波に溺れるかも?)

という事を意味しているのです。

 

投資 お金 相談 見直し FP

 

こうなると、投資という行為は多くの人が

思っているような一部の富裕層だけの行為ではないのです。

 

 

専業主婦でも、将来の自分の安定した

生活の為には賢く運用することが必須と

なってきているのです。

 

 

 

では、賢く運用する為にはどうしたら

いいのか? という事だと思いますが、

これは正しいお金の知識・投資の基本を

身につけるしかないのです。

 

 

 

では、投資の基本を学ぶ為には?

 

投資 お金 相談 見直し FP

 

という方にお薦めしたい本が、

 

「投資のレッスン88

  お金のふやし方・使い方」

逢坂 ユリ著

 

 

です。

 

 

 

この本は、

 

「将来が不安・・・」

 

「投資はリスクが恐い・・・・」

 

投資 お金 相談 見直し FP

と、不安要素に飲み込まれてしまい、

嘆くばかりで思考停止状態に陥りがち

な方へ、分かり易く投資の基本を教えてくれます。

 

 

 

それぞれワンポイントレッスンが

書かれており、これでけでも無駄な

出費が抑えられ、投資に対して前向き

になれます。

 

投資 お金 相談 見直し FP

 

例えば、

 

 

・資産運用を知れば「不安」を取り除ける

 

・お金作りは、上手な使い方から

 

・妥協せずに生きる為の「経済的自由」

 

・幸せにお金を増やす為に大切な事

 

・キレイな借金はOK ブスな借金はダメ

 

・お金があなたを見放す時

 

・6つの資産に分散する理由

 

・情報収集でリスク管理

 

・投資を始める前に知っておきたい8つのポイント

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

など、女性ならでは視点から分かり易く

解説してくれるので、投資に対する

苦手意識もなくなります。

 

投資 お金 相談 見直し FP

 

 

是非、本書を手にとって頂き

お金のインテリジェンスを磨いて

時代の流れに乗りながら、

賢く人生を楽しむ余裕を得てください。

 

投資 お金 相談 見直し FP

今回は以上です。

 

 

次回もお楽しみに!