言葉遣いに現れるその人の心、そして名前のこと

言葉 言霊 名前 心 波動 言葉遣い リスペクト 思いやり essay

日本人は「言霊」

を大切にします。

言霊の意味を知ろうと知るまいと

言葉に力がある、

ということを多かれ少なかれ

知っています。

 

言霊とは

「言葉に内在する霊力」

とされていますが、

平たく言えば、言葉が放つ

言葉の力、目に見えないパワー

ということ。

 

ですから、丁寧な言葉を意識して

使えば、そこに丁寧な言葉の持つ

力が周りに影響を及ぼし

ぞんざいな言葉を放てば

ぞんざいな波動が周りに波及します。

 

ある人からある話を聞きました。

ある人をBさんとしましょう。

Bさん含む数人がある場面で

位置決めの話をしていました。

「私(Bさん)、名前を覚えて

もらえていなくて

Aさんからこんなふうに言われたの。

『誰だか名前知らないけど、

(立ち位置が)そこの人って』」

 

これを言ったAさんの

「誰だか名前を知らないけどそこの人」

という言葉、Bさんは言われて

とてもショックだったそうです。

(ちなみに、年齢はBさんの方が

Aさんより一回りほど年上です。)

皆さんは、どう感じますか?

 

あくまでこのシチュエーションは

Bさんが捉えた、Bさんの見方でしか

ないのですが、仮にBさんが描写した

ままの状況だとしたら、どうでしょう。

言葉 言霊 名前 心 波動 言葉遣い リスペクト 思いや

Bさんにしてみれば、名前を

覚えて貰えていなかった

ということ以上に

「誰だか名前を知らないけど

そこの人」

という言葉に

「受け入れられていない」

感覚を覚え、

また一回りも年下の人間に

そんなふうに言われたことは

大変ショックなことでした。

 

はっきり言ってしまえば

失礼極まりなき言い方にがっかり

した、というわけです。

Bさんは言いました。

「もし私がAさんだったら

『ここに立ってる方、名前を

存じませんが、あなたの立ち位置は』

という言い方をするけどな・・・」

 

 

他にどんな言い方があるでしょうか。

「ここの人、ああ、名前なんでしたっけ?

・・・えっと名前分からないんですけど」

であれば、

『名前を知らなくてごめんなさい』

という思いは伝わります。

 

少なくとも、Aさんの言い方から

「名前を知らなくてごめんなさい」

という気持ちは一切伝わらなかった

のですね。

むしろ

「どこの誰だか知らないけどさ」

というネガティブな空気を感じました。

 

 

こういう言葉に

傷ついた、という人の話を

聞いて

「考え過ぎよ~」とか

「Bさんも悪気はないのよ」

「よくあること、気にする必要はない」

と、思う人もいるかもしれません。

 

今回Bさんが一番わかってほしかったのは、

考えすぎか、気にし過ぎか

ということではなく、また

相手に悪気があるかないか

ということでもなく、

自分に対するリスペクトが

とてもあるようには感じられなかった

ということです。

 

そして、それがとても

ショックだった、

ということなんですね。

言葉 言霊 名前 心 波動 言葉遣い リスペクト 思いや

あなたの口から放たれた言葉には

力があります。

そして、そこには人に対する

リスペクト、思いやりが

あるかないかがすぐに出ます。

人は人の気持ちに非常に敏感です。

 

人の言葉には、その人の

本心が如実に表れます。

もちろん、その逆もあって

そんなつもりじゃなかったけど

ボキャ貧でだったために、

真逆に伝わってしまう

こともあるでしょう。

いずれにしても、どんなつもり

だったとしても、

あなたの口から出る言葉には

あなたが思っている以上の

力があります。

 

私の先生はおっしゃいました。

「あなたの言葉はプレゼントです」

と。

言葉 言霊 名前 心 波動 言葉遣い リスペクト 思いやり

朝の「おはよう」も

昼の「こんにちは」も

ぶつかった時の「失礼します」

も、LINEでのやり取り、

メールでのやり取りもすべて

言葉は投げかける相手への

プレゼント。

 

そして、口から発した

あなたの言葉は

いずれあなたのもとに帰ってきます。

人間関係の中に、そして

あなたの精神状態という結果に。

 

それはそれとして、

知らない人の名前は

「お名前、なんとおっしゃいましたか?」

忘れて覚えられないなら

「物覚えが悪くてホントすいません、

何回も聞いてしまうかもしれませんが

お名前教えて下さい」

と言ってもいいじゃないですか。

むしろその方がよっぽど

相手に対するリスペクトの

気持ちが伝わります。

『大切な名前を忘れてしまって

本当にすみません』

という気持ちが。

 

名前はこの世に生まれて

授かる最初のプレゼント。

 

接点がある人の名前は

覚えて呼ぶと、相手は喜びます。

事実、あなたも「○○さん」と

呼ばれると嬉しいですよね?

「誰だか名前は知らないけど

そこの人」なんて言葉は

間違っても使うことがないよう、

相手への関心は日ごろから

高めておきたいものです。

 

名前にも宿る言霊

自分の言葉にも宿り過ぎるほど

宿っている言葉のパワー。

どんなパワーをも宿らせる

ことが出来る自分の言葉。

言葉に宿る霊を日々磨いて

まいりましょう。

投稿者プロフィール

SATOKO~芥川智子
SATOKO~芥川智子Diet & Mental ; Puriet Counselor
主婦であり母である生活者、家庭経営者として、
当ブログでは主に心についての記事を書いています。

心の相談室 Counseling Salon Dressy
https://salondressy.wixsite.com/dressy

心と身体の健康を中心とした個人ブログ
http://blog.puriet.com/

◆問い合わせ◆
相談等、お気軽にお問い合わせください。
purietstyle@puriet.com

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。