カルトは世の中普通にある




カルト、といえば

「宗教」を連想しがちですが

宗教に存在するカルト的構造は

宗教に限らず、世の中普通に

形を変えて存在している、

と私は思います。

その前に、何をカルトと定義するか

にもよりますが・・・。

取りあえずカルトとは、と調べてみますと

ポンとトップに出て来たのは

特定の対象を熱狂的に崇拝したり礼賛したりすること。また、その集団。異端的宗教。

でした。

特定の対象を熱狂的に崇拝したり

礼賛したりすること。

世の中、そんなものだらけでは

ありませんか?

またその集団

ありますよね?

 

 

 

アイドル

ファンクラブ

何かしら好んで属しているグループや集団

何かしら価値があると思って属している

グループや集団、会

 

 

崇拝や礼賛という言葉には

「好き」「価値があると思う」

その度合いが強いことを

現していますが、

崇拝や礼賛のベースは誰にも

可能性がある

「好ましい」「素晴らしい」

と感じる心ではないでしょうか。

 

 

 

カルトに通じる「好ましい」

「価値がある」という感情が

ダメだ、という話ではなく

カルトを批判する人に

「いえいえ、あなただって

カルトに属する人と同じ要素を

持っていますよね?」

と言いたいだけです。

 

 

 

「私はカルトにはまる人とは違う!」

「カルトにはまる人なんて

信じられない」

ふうに言う人に、

「ほんとですか?」と。

 

 

少しでもカルト的要素を

感じた時、人は

「宗教?」って思います。

ネットワークビジネスとか

何かの販売なども場合によっては

「宗教」ぽく感じることもあるでしょう。

 

 

 

何でも「良い」と信じている人のことは

「良い」と感じていない人から見ると

傾倒している、はまってる

だから「宗教っぽい」と言いたくなる。

食に関して言えば、

マクロビ、とか

ビーガン、ローフード、

などなど何か特徴ある「主義」

があるものにも、「宗教っぽい」

と表現される共通の要素が

あるよう思います。

 

 

ところで宗教っぽいって、何を

現した感覚なんでしょうか。

✔ 一つのものを見すぎてる目

✔ 一つのものに強く傾倒している様子

 

 

 

でも、それが宗教っぽい、

と感じられる場合と、そうでない

場合があります。

確かに違いや境目が存在するのでしょう。

 

 

少し話がそれましたが、

今回の話題は・・・

 

カルト的要素なんてものは

世の中いくらでもあるじゃない?

特別な話じゃないじゃない?

あなたも同じように

はまっているものがあるじゃない?

他人事じゃなく、自分事よね

という話でした。

 

 

自分がはまっているものは、趣味であり

人がはまっているものは、カルト。

 

 

もちろん、どこからどう見ても

カルトであるものも

確かに存在しますけど

それについてはまた改めて。

投稿者プロフィール

SATOKO~芥川智子
SATOKO~芥川智子Diet & Mental ; Puriet Counselor
主婦であり母である生活者、家庭経営者として、
当ブログでは主に心についての記事を書いています。

心の相談室 Counseling Salon Dressy
https://salondressy.wixsite.com/dressy

心と身体の健康を中心とした個人ブログ
http://blog.puriet.com/

◆問い合わせ◆
相談等、お気軽にお問い合わせください。
purietstyle@puriet.com

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

主婦であり母である生活者、家庭経営者として、 当ブログでは主に心についての記事を書いています。 心の相談室 Counseling Salon Dressy https://salondressy.wixsite.com/dressy 心と身体の健康を中心とした個人ブログ http://blog.puriet.com/ ◆問い合わせ◆ 相談等、お気軽にお問い合わせください。 purietstyle@puriet.com