「これ始FX」 相場の状況を把握する。 ライントレードで戦略(ルール)を考える その1 




こんにちは、「これ始FX」 オリックです。

 

今回はライントレードについて書いていこうと思います。

 

FXで勝つには戦略が必要です。

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本 サポート レジスタンス トレンド ライン 戦略

 

戦略とは何か?

 

それは相場に適したルールのことです。

 

では戦略を立てるのに必要なのは何か?

 

相場の状況を読む事(把握)です。

 

チャートを見て相場の雰囲気を知るため多くのFXトレーダは移動平均線やボリンジャーバンドなどのインジケータを使います。

 

インジケータを使わずとも相場の雰囲気を見た目で知ることが出来るのがライントレードです。

 

という訳で今回はライントレードの話を書いていきます。

 



 

ラインとは

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本 サポート レジスタンス トレンド ライン 戦略

 

FXの入門書などで最初に目にすると思うのですがここでいうラインとは

 

トレンドラインと水平ラインのサポート・レジスタンスのことです。

 

これらはライントレードには欠かせない重要な考え方です。

 

トレンドつまり相場の値動きが上昇しているのかはたまた下降しているのかをこのラインによって確認します。

 

ざっくり説明するとこんな感じです。

 

レジスタンス・サポートラインとは次の様なものを言います。

 

レジスタンスライン

チャートの値動きの上にあって値動きが阻害されている様に見えるラインのことを言います。

 

サポートライン

レジスタンスラインの反対で値動きの下にあって値動きが阻害されている様に見えるラインのことを言います。

 

ようは上下どちらにいるかで呼び方が変わります。

 

では実際のチャート斜めのトレンドラインを引いていきます。

 

大きい流れを把握する。

 

トレンドライン相場の上昇下降を判断するために引くラインのことです。

 

そしてこのトレンドライン自体がサポート・レジスタンスラインになります。

 

まずは自分が引きをしたい時間足よりも長期の時間足を使って行います。

 

私自身は5分足で取引しているのでこれよ長期の1時間足で大きなトレンドを把握することで後から役に立ちます。

 

実際のチャートでトレンドラインを引いてみました。

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本 サポート レジスタンス トレンド ライン 戦略

 

トレンドラインを引くには2点以上の接点が必要です。

 

入門書によっては髭と髭をつなぐように引くとかローソク足の実態の方にラインを引くとかい書かれていますが、個人的にはどちらでもいいと思います。

 

なぜなら相場は自然に作られる現象なので完璧に真っすぐ線でつなぐことなんて実際にはできないからです。

 

今回の相場は教科書的な感じに平行なトレンドラインですね。

 

見てわかる通り相場はジグザグしながらトレンドを形成していきます。その時に動く値幅も大雑把に把握することができます。

 

この場合も左上のラインをレジスタンスライン、右下のラインをサポートラインといいます。

 

個人的には右側に引くラインを主に見ています。後ほど説明します。

 

次に5分足の相場を見ます。

 

小さな時間足にラインを引く。

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本 サポート レジスタンス トレンド ライン 戦略

 

このように1時間足のチャートの中に5分足のチャートの上昇下降のトレンドがあるのが見て取れます。

 

白いラインサポートラインを見てください。

 

何か情勢の変化によって傾きが変化しました。そしてピンク色の1時間足のレジスタンスライン付近で上昇相

 

場が終わって下降相場になっていることが見て取れると思います。

 

そして白いサポートラインをチャートが越えていってるのが見て取れます。

 

このことをブレークといったりします。

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本 サポート レジスタンス トレンド ライン 戦略

 

レジスタンスラインやサポートラインを越えてチャートの状態が変化して行くことを言います。

 

このように相場がどのように動いているのか相場の雰囲気を把握して戦略を立てます。

 

トレンドラインでの戦略

 

では実際にどのように戦略(ルール)を立てるのか?

 

例えばこのように値幅がある下降相場であれば写真のような戦略(ルール)が立てられます。

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本 サポート レジスタンス トレンド ライン 戦略

 

① サポートライからエントリーしてレジスタンスラインで決済 サポートラインを超えてしまった場合イグジット(決済または損切)

②レジスタンスラインからエントリーしてサポートラインで決済 レジスタンスラインを越えてしまった場合イグジット(決済または損切)

 

(これはあくまでも戦略を説明するための一例ですので「同じようにやってください。」ということではありません。)

 

余談ですが、私の場合はリスクリワード(利確と損切の値)を固定してしまっています。エントリーしたポイントから10pips以上で利確され損切は最大8pipsです。ですが極力0値で撤退するようにしています。ですが損をするのはスワップ分で済ませられるように心が得ています。リスクリワードの考え方はほかの機会に書きます。

 

FXの相場では戦略がなくては勝てません。

 

ですがその戦略自体はそんなに難しく考えることはありません。

 

単純に考えればいいのです。
本当に単純明快なほど良いぐらいです。
難しい手法で判断材料が増えると実行できな場合が多いです。

 

そして損切を負けと考えるのではなく、戦略的撤退なのだと考えましょう。

 

本当の負けは相場から撤退するときです。

 

損切は次の勝利のための戦略的撤退なのです。

 

最後に。

 

いかがでしたでしょうか?

 

トレンドラインだけでも勝てそうだと感じることが出来ましたか?

 

相場の状況を把握して、それに適した戦略をとる。

 

これがトレードルールです。

 

どんなルールであれ一つを極めればいいのです。

 

そして今日は一度やってみてほしいことがあります。

 

それは複利の計算です。

 

一日10pipsの勝利を継続すれば一年後にはどうなるか?
例えば10万円の資金をレバレッジ25倍で1日10pips勝ち続けた結果資金はどうなっていくのか?

 

100000(円) x 25(レバレッジ) x 1.1(10pips)= 1日目の資産
1日目の資産 x 25(レバレッジ) x 1.1(10pips)= 2日目の資産


1年目の資産

 

といった感じに是非エクセルなどで確認してみて下しさい。

 

やってみればきっとそれが目標になります。

 

それでは次回は水平ラインの引き方を書いていきます。

 

でわでわ

 

投稿者プロフィール

orick9
orick9
オリックです。

FXトレードのこと、ガジェット、科学、不思議など、

興味のあることをどんどん書いていきます。

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す