クリックが励みになります

「これ始FX」 相場の状況を把握する。 ライントレードで戦略(ルール)を考える その2

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス

 

こんにちは「これ始FX」 オリックです。

 

前回はライントレードのトレンドラインについてを書いてみました。

 

トレンドラインもFXチャートのテクニカル分析の基本となっています。

 

結構ほかのインジケータに目移りしてしまいがちですが、トレンドラインはインジケータの計算式が作るラインに頼らず目に見える相場の値動きだけでトレンドの把握がしやすいので非常に有効です。

 

一番シンプルですし、長期でトレードする人にも短気で取引する人にも有効です。

 

さて今回は水平ラインの引き方について書いていこうと思います。


水平ラインとは

 

FX 水平ライン サポート レジスタンス

 

水平ラインの意味は前回もお話ししていますがもう一度説明します。

 

相場の上下で抵抗になっている値(価格)のことを言います。

 

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス

 

にある方がレジスタンスライン

にある方をサポートライン

といいます。

 

レジスタンスラインまで上値が迫ってきたらその価格帯で反発しさがっがってくることを意識します。

 

逆にサポートラインでは下値が近づいてきたら反発しあがってくることを意識します。

 

レジスタンスライン・サポートラインの引き方

 

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス

 

水平ラインを引くには同じ価格帯の頂点が2点以上必要です。

 

まずレジスタンスラインです。

 

上の写真のように同じ価格帯で何度も止められている箇所をチャートの中から探します。

 

この頂点付近を水平線で結びます。

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス

相場を見ると先の方のチャートでもこの価格帯が意識されていることがわかります。

 

次にサポートラインです。

 

写真のようにレジスタンスラインを引いた反対側の安値で何度も止められている箇所をチャートの中から探します。

 

この頂点を水平ラインでつなぎます。

 

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス

 

ロウソク足チャートの髭や実態は多少のオーバーシュート(上下にはみ出すこと)がありますので水平ラインが掛かっても問題はありません。
届き切らない場合もあります。

 

またこのようにレンジ相場の場合もが一定の値幅で推移していてこの上下もレジスタンス・サポートラインとして意識されます。

 

またレジスタンスラインが上値、サポートラインが下値の反発を意識しているラインと説明しましたが。

 

このように水平ラインを跨いで価格が行き来してっいた場合レジスタンスラインとして意識されていたラインは今度はサポートラインとして意識されることになります。

 

なぜ水平ラインで反発するのか?

 

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス 反発

 

FXの為替相場取引には世界中の多くのトレーダーが参加しています。

 

多くのトレーダーがこの同じチャートを見ながら取引しています。

 

そして売り買いのタイミングを探しているのです。

 

その中トレーダーたちがチャートの振幅の中で

「どうもこの辺りの価格帯で反発しているように見える。次にこの辺りに来たら売ってみよう(買ってみよう)」

という心理が働き売り買いします。

 

ですが相場はその価格を通り過ぎて行き、その時に進行方向と逆にエントリー(売り買い)をしたトレーダーたちは含み損を抱えてしまいます。

 

そして次に働く心理は、

「なるべくマイナスにならないよ様に含み損を解消したい」

となるので多くの人が取引ししたこの価格帯でさらに反発しこの繰り返しが起こることでサポートライン、レジスタンスラインが引けるような価格帯が発生するといわれています。

 

そして水平ラインはずっとサポートラインで居続けたりレジスタンスラインで居続けないということです。

 

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス 反発 ブレーク

 

3回程度その価格帯にタッチして4回目にそのラインを抜けてブレーク行ったり、反発した方向に相場が向かって行ったりします。

 

そして過去に意識されている価格帯は現在のチャートにも意識されたりします。

 

キリ番もサポートライン・レジスタンスラインになる

 

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス 反発 000 キリ番

 

.000 .500 など切りのいい値も意識されます。

 

これは多くのトレーダがポイントとして意識を向けやすいためと言われています。

 

つまり多くのトレーダーが利確の目安などとしてこのキリ番を意識している心理の表れなのです。

 

水平ラインでの戦略

 

FX 始めたい 水平ライン サポート レジスタンス 戦略

 

水平ラインでの戦略はやはり反発を狙っていくのが一般的であるかと思います。

 

トレンドラインと組み合わせることも有効的な手段です。

 

もう一つは利確の目安として使うことも有効です。

 

FXの為替相場は大衆心理で動かされています。

 

ラインを引くということはその大衆の心理を読み解くためのツールなのです。

 

最後に

 

FX 大衆心理

 

ライントレードは非常に基本的な手法ですがトレンドや大衆心理を読み解くのにとても有効なテクニカル分析の一つです。

 

私自身もチャートの反発やブレークを確認するのにとても頼りにしている手法の一つです。

 

色々なインジケータを試す前に使ってみることをお勧めします。

 

ところで、前回複利計算のお話を書きましたがやってみた方はいますでしょうか?

 

とても楽しい結果が出てしまったのではないかと思います。

 

もしまだやっていなくて自分で計算するのは面倒だという方は

 

FX戦略研究所

 

こちらのサイトでWeb上で簡単に複利計算が行えます。

 

是非やってみてください。

 

一日何十pipsも取らなくても、小さな利益が1年分積み重なっていった結果の大きさがわかると思います。

 

これが複利で稼ぐということなのです。

 

一日30pipsも40pipsも稼ぐのはとても大変ですが、10pipsとるのはさほど難しくはないです。

 

資金10万円で上限 300枚 レバレッジ 25倍 で 毎日10pips 勝ち続けた場合

 

約2年程で1億円になります。

 

この事実を知ったうえでトレードするのと知らないのでは戦略の立て方が変わってくると思います。

 

さて、次回はチャートパターンについて書いていこうと思います。

 

でわでわ

投稿者プロフィール

orick9
orick9
オリックです。

FXトレードのこと、ガジェット、科学、不思議など、

興味のあることをどんどん書いていきます。

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す