「これ始FX」 トレンドに従う。 ダウ理論を知る




FX トレード ダウ理論 トレンド把握 初心者 入門

 

こんにちは、これから始めるFX 「これ始FX」 オリックです。

 

先週まではチャートパターンについてのお話を書かせていただきました。

 

トレンドを形作るチャートパターンは以外にわかりやすい形で現れてくるのでチャートに登場してくるので面白く感じた方も多いのでは無いかとと思います。

 

是非実際のチャートでも見つけて相場の読みを深める材料として活用してみてください。

 

さて今回からは「ダウ理論」と「移動平均線」と「グランビルの法則」についてお話ししていこうと思います。

 

まずはダウ理論から説明をしていきます。

 

 

ダウ理論

 

FX トレード ダウ理論 トレンド把握 初心者 入門

 

ダウ理論(Dow Theory)とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。
Wikipediaより

 

 

Wikipediaをじっくり読んでも何のことを言っているのかさっぱりですが、相場の値動きの傾向を説明した理論です。

 

ダウ理論には6つの基本的な法則があります。

 

1 平均はすべての事象を織り込む

 

「需要と供給のバランスによって市場は成り立っているので、経済統計や自然災害、戦争・紛争の様なあらゆる予測不能な出来事(ファンダメンタルズ)も相場には織り込まれてしまう。」

 

つまりは一時的な値動きは長期的にみると飲み込まれてしまうということです。

 

ファンダメンタルズはその部分だけを取り出すと予想不可能な値動きになります。

 

ここで説明しているテクニカル分析で予測することができませんので出来たら指標などでの取引は避けた方がいいでしょう。

 

2 トレンドは3種類ある

 

・アップトレンド 高値・安値がその前の高値安値より上にある
・ダウントレンド 高値・安値がその前の高値安値より下にある

価格変動において市場動向(トレンド)を重視される。そのトレンドを以下の3つに分類している。

・主要トレンド:1年〜数年のサイクル。
・二次トレンド:3週間〜3ヶ月のサイクル。
・小トレンド  :3週間未満のサイクル。

 

FXトレードでは最も重要な部分ですね。トレンドが出ているというのはどういうことか定義してくれています。

 

また、短期・中期・長期といったトレンドサイクルについても定義してくれています。

 

3 主要トレンドは3段階からなる。

 

主要トレンドは市場参加者の動向によって3つの段階からなるとしている。

・先行期 :底値圏を高値を市場参加者が感じ取り先行型の投資家が売買を始める時期
・追随期 :市場価格の見て追随する市場参加者が売り買いを始める時期。トレンドの傾向が出始める。
・利食い期:価格が充分に上昇・下降したところを見て、先行期の市場参加者が利益を確定する時期。
市場参加者が増えて矛盾した値動きが多々見られる時期。

 

これはトレンドのどのあたりで相場の参加者が利益を得ていってるのかを説明しています。

 

4 平均は相互に確認されなくればならない

 

「所謂 ダウ平均 や 日経平均の様な平均株価がどちらのトレンドにあるのか?」ということです。

 

これは通貨ごとの価値交換を目的にしているFXトレードには当てはまりませんね。

 

5 トレンドは出来高でも確認されなければならない

 

「出来高の上昇・下降に伴ってトレンドも上昇・下降していく。」

 

為替においては出来高が下がればトレンドと矛盾が生じてくるということです。

 

この逆行現象のことをダイバージェンスといいます。

 

FXトレードでは出来高で判断する事が出来ませんが、RSIやRCI、ストキャスティクスなどのオシレータで判断することができます。機会があれば説明します。

 

6 トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する。

 

「市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続ける。

トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。」

 

根拠もなくトレンドに逆らったエントリーをしても利益を得るのは容易ではないよということですね。

 

 

これらが6つのことが基本的なダウ理論の考え方です。

 

FXトレードにおいて重要な考え方なのはトレンドに対する考え方です。

・ アップトレンド 高値・安値がその前の高値安値より上にある
・ ダウントレンド 高値・安値がその前の高値安値の下にある
・ トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

この3つの考え方はとても重要です。

 

ダウ理論戦略

 

FX トレード ダウ理論 トレンド把握 初心者 入門

 

ダウ理論の戦略はといいうか、ダウ理論を使ってわかることは

・ アップトレンド 高値・安値がその前の高値安値より上にある
・ ダウントレンド 高値・安値がその前の高値安値の下にある
・ トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

この3つの事柄です。

 

写真を見る通りダウ理論のアップトレンドの理論 「高値・安値がその前の高値安値より上にある」が成立している限りはトレンドは継続します。

 

赤が高値、青が高値です。この赤と青がそれぞれ過去のラインから切り上げていく場面がアップトレンドです。

 

明確な転換シグナルは例えばレジスタンスラインなどで、レジスタンスラインに到達した時点でダウ理論がこの赤青の完成性が崩れてトレンドが終了しています。

 

戦略としては基本的にはこれまでのライントレードの手法で取引していくことで問題なく利益を出していけるでしょう。

 

ただしトレンドに逆らわないというのがダウ理論のトレードの基本です。

 

ですのでトレンド方向のエントリをします。

 

最後に

 

FX トレード ダウ理論 トレンド把握 初心者 入門

 

ダウ理論のセオリーはやはりトレンドの追従につきます。

 

トレンドが継続していることをセオリーによって把握しエントリーし、トレンドの終焉を把握し利確する。

 

不安定な場面でのエントリーは極力避ける。

 

トレンドに従うのがダウ理論のみそです。

 

さて次回からはライントレードとは少し違う「移動平均線」と「グランビルの法則」について書いていきたいと思います。

 

ではまた次回。

 

投稿者プロフィール

orick9
orick9
オリックです。

FXトレードのこと、ガジェット、科学、不思議など、

興味のあることをどんどん書いていきます。

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す