クリックが励みになります

「これ始FX」 チャートパターンを見る。 その3 トリプルトップとトリプルボトムそしてヘッドアンドショルダーズ トレンド転換のチャートパターン

FX トレンド 転換 トリプル トップ ボトム 酒田 五法

 

こんにちは、これから始めるFX 「これ始FX」 オリックです。

 

今回も引き続きチャートパターンのお話です。

 

前回はWボトム・Wトップというトレンド転換の時に現れるチャートパターンに関してのお話を書かせていただきました。

 

今回もトレンド転換の時に現れるチャートパターンのお話しをしていきます。

 

チャートパターンの重要性は為替や株に始まった話ではなく、日本でも江戸時代の米相場で本間宗久よって発見されていました。

 

本間宗久の見出したローソク足のチャートパターンを酒田五法といいます。

 

今回お話しするトリプルボトム、トリプルトップ ヘッドアンドショルダーズ に関してもこの酒田五法のテクニカル分析の手法として使われていました。

 

もちろん現代の相場でもこれらのチャートパターンは有効であることが確認されていてテクニカル分析としてトレーダもたくさんいます。

 

では早速これらのチャートパターンを見ていきます。

 

 

 

トリプルトップ ・ トリプルボトム・ヘッドアンドショルダーズ

 

トリプルトップ ・ トリプルボトム・ヘッドアンドショルダーズどのチャートパターンもトレンド転換のサインになるものです。

 

トリプルトップ

 

FX トレンド 転換 トリプル トップ ヘッドアンドショルダーズ 三山 三尊 酒田 五法

 

あるサポートラインに頭を押さえられて3回の山を作った後下落します。

 

その隣がヘッドアンドショルダートップといい トリプルトップの親戚見たいものです。

 

こちらは山の真ん中が飛び出していくので頭と肩といった表現になったようです。

 

「酒田五法」ではそれぞれ 三山、三尊という風に読んでいます。

 

三山は山が三つ連なった様に見えることとから言われています。

 

三尊は観音様の像が三体並んでいる様です。

 

Wトップと同様にチャートパターンが出た後、ネックラインから反発していくと相場が下落していきます。

 

トリプルボトム

 

FX トレンド 転換 トリプル ボトム ヘッドアンドショルダーズ 三川 逆三尊 酒田 五法

 

トリプルボトムあるレジスタンスラインに三回反発してネックラインからさらに反発していくと相場が上昇していきます。

 

その隣がヘッドアンドショルダーボトムです。

 

真ん中の山がサポートラインから一度飛び出して三つの山を構成します。

 

酒田五法ではそれぞれ 三川、逆三尊という風に読んでいます。

 

三山が山なら逆は谷ですが谷には大体川があるということで三川と言われています。

 

逆三尊はそのまんまですね。

 

トリプルトップ ・ トリプルボトム・ヘッドアンドショルダーズの戦略

 

トリプルトップ ・ トリプルボトム・ヘッドアンドショルダーズはやはりトレンド転換のサインであるので、この形が出来上がっていることを確認してからトレンドが転換して行くところを狙うべきだと思います。

 

もう一つ必要なのはレジスタンスライン・サポートラインに絡んでいく回数の確認です。

 

FX トレンド 転換 トリプル トップ ヘッドアンドショルダーズ 三山 酒田 五法 戦略 テクニカル 分析

 

上はトリプルトップが実際のチャート上に現れています。

 

トリプルトップやトリプルボトムになった場合はレンジになるのでトレンドブレイクしたことを認識できるようにトレンドラインとネックラインレジスタンスラインを引いておくとわかりやすいかもしれません。また少し斜めに山がそろっていくこともあります。

 

⑥のネックラインの反発でエントリーします。

 

このチャートでの利確はトリプルトップになる前の安値OR高値がいいと思います。

 

ちょうど白いラインを引いたあたりが安値ラインになります。

 

またヘッドアンドショルダーズの場合は一度ラインブレークしてから戻るのでトレンド継続かとだまされる場合もありますので注意が必要です。その時はは素直に損切りして次の展開を考えていった方がいいと思います。

 

そのほかの転換サイン

 

団子天井と鍋底

 

山が2個以上出来る展開サイン以外で山が一つしかできない転換サインがあります。

 

これが団子天井というサインです。

 

FX トレンド 転換 トリプル トップ ヘッドアンドショルダーズ 団子天井 鍋底 テクニカル 分析

 

団子天井とはチャートが丸く緩やかに上昇下降する場合のことです。

 

その逆をなべ底といいます。

 

どちらもネックラインが出ないのでとらえるのが難しいですが水平の抵抗ラインを見ながら判断出来ると思います。

 

写真は団子天井です。

 

最後に

 

FX トレンド 転換 トリプル トップ ヘッドアンドショルダーズ 酒田 五法 戦略 テクニカル 分析

 

3回にわたってチャートパターンについてお話ししていきました。

 

いかがだったでしょうか?

 

FXや株何てない時代からこんなチャートを使て日本人が米相場を取引していたなんてとても不思議な気分になりませんか?

そして誰かが昔に考えたことが、今でもまだ通用する手法として存在している何ておもしろいですよね。

 

チャートパターンで特徴的な物はまだあります。

 

「酒田五法」酒田罫線法といわれる様々な特徴あるチャートパターンについてもっと知りたい場合は

 

ぶるー3さんの 酒田五法 というサイトがお勧めです。

 

このような本も出ています

定本 酒田罫線法
林 輝太郎 著

 

参考になればと思います。

 

さて次回ですが、ダウ理論と移動平均線について書いていきたいと思います。

 

それではまた。

 

投稿者プロフィール

orick9
orick9
オリックです。

FXトレードのこと、ガジェット、科学、不思議など、

興味のあることをどんどん書いていきます。

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す