クリックが励みになります

自分を変えたいなら・・・とても効果的なショック療法♥

特に人前に出る人、

人前で話す人

何かしらのパフォーマンスをする人は

日常的にやっていることと思いますが

外見、アピアランス、見てくれ

の類を変えたい場合、

ショッキングだけど、効果的な

方法があります。

 

 

「ああ、それね。いつもやってる」

というかもしれませんが、

それは

 

 

 

 

自分の写っている動画をみる

 

見る、診る、観る、視る

どんなふうに「みる」かはさておいて

自分自身をより第3者的よりの目線でみること。

 

 

ある分野の私の先生は

人に教えるお仕事なのですが

本格的にこの仕事を始める前

自分が話している動画を

数え切れないほど撮って

何度もご覧になったと仰っていました。

 

 

私も先生とのワークの中で

一度動画を撮ってチェックしたことが

ありますが、これが本当にショック(笑)

ショック療法です。荒療治ってやつですね。

 

 

でも、先生自身が仰っていました。

「ショックだけど、とても効果的なんですよね」

 

 

はい、仰る通りです。

 

 

私も身に覚えのある

ショックな体験あります。

 

自分的にはめちゃくちゃ笑っている

「つもり」なのに

「いつも眉間にしわを寄せて難しい顔をしている」

と言われたこと。

「え~~~!!??めっちゃ笑ってるのに

眉間にしわが寄ってるの???」

落ち込みました。

 

 

 

踊りの舞台などでも、めちゃくちゃ

笑顔のつもりなのに

動画や写真を見たら、

ショックなほど笑っていない・・・

 

 

めいいっぱい表現しているつもりなのに

全然表に出ていない。

 

 

話が変わりますが、メール文でも

同じような話があります。

素のテンションよりも1.5倍~2倍に

盛って、相手にはちょうど良い

という話。

文字情報は五感情報に比べて

情報が少ないので、自分が楽しい

つもりで書いても、盛らないと

相手には無機質に伝わるといいますか

冷たく、あっさり伝わると。

それでトラブルになることなんて

日常茶飯事。

 

 

 

自分が表現している「つもり」

って、実は全くと言っていいほど

相手に「伝わっていない」ことが多い

 

なので、自分が機嫌のよい表情を

している「つもり」でも

口角が下がっていると、

不機嫌に見える

なんてことはもう普通です。

 

 

ということで、自分の見てくれ、外観

アピアランスを何かしら変えたい

という場合、静止画の写真も良いのですが

動画を強くおススメします。

本当に効き目があります。

 

 

自分の動画を撮るって、

テレビに映るとか、パフォーマンスをするとか

いう職業の人でない限り

余り機会はないかもしれませんが

機会は作らないとずっとないので

敢えてトライしてみること、おススメです。

 

 

女優さんとかモデルさんとかは

常に自分の外観をチェックするのが

仕事なので、ある意味自分を見る人の

視点、視線というものを常に意識しています。

 

 

「伝える」「表現する」お仕事の人が

日々訓練をして、やっとですから

訓練していない私たちは、伝わらなくて

当たり前。

 

 

伝える努力をしてやっと伝わる。

(素のままで自然に伝わることもありますが)

 

 

 

個人的に、「表現」することをずっと

考えていたので、今回はこの話題になりました。

 

 

伝えるのには常に努力と研究が必要

投稿者プロフィール

SATOKO~芥川智子
SATOKO~芥川智子Diet & Mental ; Puriet Counselor
主婦であり母である生活者、家庭経営者として、
当ブログでは主に心についての記事を書いています。

心の相談室 Counseling Salon Dressy
https://salondressy.wixsite.com/dressy

心と身体の健康を中心とした個人ブログ
http://blog.puriet.com/

◆問い合わせ◆
相談等、お気軽にお問い合わせください。
purietstyle@puriet.com

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

主婦であり母である生活者、家庭経営者として、 当ブログでは主に心についての記事を書いています。 心の相談室 Counseling Salon Dressy https://salondressy.wixsite.com/dressy 心と身体の健康を中心とした個人ブログ http://blog.puriet.com/ ◆問い合わせ◆ 相談等、お気軽にお問い合わせください。 purietstyle@puriet.com