クリックが励みになります

元旦を前に人生の五計を考える!あなたの『死にがい』は何ですか?

『一年の計は元旦にあり 』それだけでは終われません!

人間には五つの計(はかりごと)がある。

中国宋時代の朱新仲(しゅしんちゅう)が教訓としてまとめたようです

 

  1. 「生計」 ・・・ 人間の本質的な生き方に迫り、人生を健康に、いかに生きていくべきか。
  2. 「身計」 ・・・ いかにわが身を人間として社会に対処していくか、何をもって世に立つか、いかなる職業・価値観をもって生きていくか。
  3. 「家計」 ・・・ いかに家庭を営み、夫婦関係・親子関係はどうあるべきか、一家をどう維持していくか。
  4. 「老計」 ・・・ いかに年をとるか。「老」たるものの価値をいかに活かしていくか。
  5. 「死計」 ・・・ いかに死すべきか。

 

私達は、一年の計をお正月に立てる習慣があります。

日々の計も、早朝もしくは、前日夜に立てる方も多いでしょう。

 

では、『いかに死すべきか』について、深く考えたことがあるでしょうか?

 

 

生きがい、使命感、宿命、役割・・・・・・

色々な表現をしても、結局人生の価値感にたどり着くと思います。

当然、人、それぞれでいい。

 

人生の断捨離、何ももって逝けない

ならば、何を残すのか?

 

元旦を前にして、大掃除を始める時期でしょう!

 

人生の断捨離を兼ねて、考えを五計にまで膨らませてみるのも良いかも知れません。

 

私は、定期的にGTDをします。

手帳術の時にもご紹介しましたが、人生を見つめる手法としてもお薦めの本です。

何を残すかが決まれば、後は一歩ずつ進むだけ

万里の道も一歩から

普遍的真理です。

年末に当たって、身辺整理を始め、神社にお詣りしている中で、結局行き着いた結論。

 

歩み続ける!

投稿者プロフィール

河本雅夫
河本雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/