クリックが励みになります

沖縄のヘリパッド建設をめぐって大阪府警から派遣された機動隊員が反対集団に対し「触るな土人が!」と吐き捨てたことが問題視されている件

「ヘリパッド土人事件」という不可思議な出来事

soldiers-1172111_640

マスコミの悪辣なプロパガンダは絶対許せません!

%e6%80%aa%e7%8d%a3%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3正しい記事をシェアして拡散、偽造者・捏造者を追い詰めていきましょう!

 

皆さんはこの部分だけをお読みになってどのように感じますでしょうか?

 大阪府警の機動隊員による「土人」発言が批判にさらされている。本土側の沖縄蔑視、差別はこれまでもたびたび繰り返されてきた。1903年には大阪で開かれた博覧会で、沖縄女性2人を「展示」した「人類館事件」があり、沖縄戦では日本兵による住民虐殺や「集団自決」(強制集団死)があった。戦後71年たった現在でも、在日米軍専用施設面積の約74%が集中する。識者は「差別する側の意識が変わらないと問題は解決しない」と指摘している。

沖縄タイムス http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/67368

 

私は、大昔、大江健三郎に共鳴していた時期がありました。

 

初期の頃の短編の多くが、その当時の感覚‥当事者と被当事者の間に純然と存在する溝の深さ、やるせなさ、無力感‥とマッチして、かなりの作品を読み進めました。

 

そして、沖縄ノートへたどり着きます。
私の少年時代を振り返りますと、少年コミック誌が多く創刊され、その巻頭写真などで多くの戦争中の写真が掲載されていました。

南京虐殺事件などの日本軍の残虐行為を写したとされる写真です。

 

その当時の私は、少年ながら贖罪意識が芽生えさせられました。

その呪縛から解き放たれるのが、大江健三郎著 沖縄ノートです。

 

作品を読んで、解き放たれたのではなく、ベ平連という、ベトナム反戦運動に深く関わっていた大江健三郎氏の行動に疑問を持ち,調べ始めたことがきっかけです。

 

%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0平和活動という名の暴力

ベトナム戦争終結後、ベトナム軍は、当時同じ共産主義体制だったカンボジアへ侵攻しました。

 

何故、カ平連を作らないのか?

沈黙を守る当時の知識人に違和感を覚え、判然としないまま、時がすぎました。

そして、沖縄ノートの真実にたどり着き、納得しました。

cnuz9yluyaaud0o

誰でも戦争は反対です。人殺しも!

プロパガンダ:それも日本人を貶めるための悪辣な主張

今回は詳しく書きませんが、南京虐殺の証拠写真とされている写真全てがねつ造、偽造、全く無関係の写真(中には中国が作った映画のシーンの写真もあるようです)だと証明されています。

 

全ての写真が悪意のあるねつ造、偽造写真だという真実をご存知でしたか?

マスコミは、大々的に一面などを使ってプロパガンダを行いますが、しぶしぶ訂正する場合は極めてこっそりと行います。

 

江川事件後の江川さんへのパッシング:一部の映像だけを切り取り、印象操作を行った。しかし、私は、今まで謝罪記事を見かけたことがないです。

¬—єɓŠŽè‚Ƃ̃gƒŒ[ƒh‚Å‹l‚Ö“ü’cA‹LŽÒ‰ïŒ©‚·‚é]ì‘ì“ŠŽèi“Œ‹žEç‘ã“c‹æ•½‰Í’¬‚Ì‘S‹¤˜Aƒrƒ‹j

¬—єɓŠŽè‚Ƃ̃gƒŒ[ƒh‚Å‹l‚Ö“ü’cA‹LŽÒ‰ïŒ©‚·‚é]ì‘ì“ŠŽèi“Œ‹žEç‘ã“c‹æ•½‰Í’¬‚Ì‘S‹¤˜Aƒrƒ‹j

落ち着いて下さいと言っただけ

 

佐藤栄作引退会見:新聞社が退席した場面のみを放送、掲載した。しかし、その前段にあるやりとりならば、私も佐藤栄作さんと同じ行動発言をします。

byz3rczcaaafx53新聞記者は出ていけ

珊瑚礁落書き事件:こんな自分たちの主張のために捏造するマスコミが、特に責任も取らず、検証・再発防止対策も機能していないように思えるのは私だけでしょうか?

p4-20-1

サンゴ汚したK・Yってだれだ

従軍慰安婦記事:最近になってやっと謝罪と称して発表しましたが、そもそも日本人の名誉を外的に傷つけ、国際問題を起こした捏造記事なのですから、放置した期間に相当する期間、定期的に謝罪と検証記事を国内はもとより、海外に対してもきっちり紙面の一面を使って公表すべきです。責任が取れないなら、マスコミを名乗るべきではありません。

http://www.asahi.com/shimbun/3rd/2014122337.html

 

謝罪・訂正・日本人の名誉回復になっていますか?

私はそうは思いません。

%e6%80%aa%e7%8d%a3%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

 

まだまだたくさんの悪影響を与えたであろう、記事・画像があります。

 

刷り込みや印象操作が結果として成功してしまいます

問題は偽造・捏造・間違い記事だけを読んで、その後の正しい情報に触れられていない人々への救済です。

偶然その記事、画面を瞬間的に見てしまい、その後のその方の判断に影響を与えてしまう‥‥恐ろしいことです。

 

  • 意図的に悪意をもって、プロパガンダとして報道していたら!
  • そして訂正は密かに、目につかないように行い、その後のフォローもしない。
  • 誰も明確な責任を取らない。

 

 

我々が簡単にできる意思表示は、購読をしないことです。

そして明確な責任追及と訂正記事の表出を求め続ける事です。

このネット社会、ドンドンシェアして拡散、追い詰めていきましょう!

 

冒頭の沖縄タイムス記事の影響

もし責められるとしたら、一点だけです。

それは「土人」と発言したことだけです。

 

その発言のどこに「人類館事件」があり、沖縄戦では日本兵による住民虐殺や「集団自決」(強制集団死)があった。との関連性があるのでしょうか?

人類館事件の真実は

「人類館」が、博覧会場の中にあったように報道され、そのように思っている人が多いが、実際はそうではなく、

博覧会に便乗して会場外で開かれていたイベントの「場外パビリオン」で行われていた。(『沖縄文学選』)

あたかも当時の明治政府が沖縄差別政策を行うため、自ら「人類館」を設営したかのように報じられているが実際はそうではなかったのだ。

「人類館」が、政府行事への便乗商売をした業者の商行為だったことは「利を貪らんとするの所為と云ふの外なきなり」という怒りの言葉でも伺える。

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/9edace2b4dad0b03b6a30bc133a3005d

詳しくはこちらのブログでお読み下さい。

 

世論誘導・刷り込みが醜すぎます。

 

しかも、問題は一個人の発言が日本人全体の発言とすり替えられて日本人全体を陥れていることです。

更に

これが、マスコミの表現の自由だと言うのならば、今マスコミが問題としているヘイトスピーチなどは法律で取り締まること自体、おかしな性質です。

 

純粋の日本人は、思ったことはいえず、かの国に連なる人々は何を言っても許される。

 

%e6%80%aa%e7%8d%a3%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

 

こんなこと絶対許せない!

 

 

 

ヤンキー GO ホームはヘイトスピーチではないとヘイトスピーチ法案に熱心な方々は言ってます。

 

お里が知れます。

 

平和活動家のパンチにひたすら耐える若い機動隊

テレビが流さないヘリパッド建設反対派の暴力行為が酷すぎる

これがおぞましい実態です!

 

今回の事件は、極めて悪辣な手法で挑発をした!あるいは罠にかけた可能性が高いです。

東大教授の論評が波紋「沖縄で警察を挑発していかに暴力を使わせるか」

 

少し前になりますが、安倍昭恵氏が沖縄・高江のテントを三宅洋平氏の案内で訪問したという、まさに事件がありました。

その時に事務局長として出てきた人物は、純粋な日本人ではありませんでした。

国籍は不明ですが、日本人の名字ではありません。

暴力を振るって、逮捕された人も、日本人ではありません。

 

更に憲法改正反対で国会前に集った人々のかなりがハングルや中華文字を使っていました。

 

 

 

私は、日本をリスペクトされている方々の排除など毛頭考えていません。

むしろ大歓迎です。

 

 

 

沖縄ノートの真実は、趣旨が違うので今回は記事にしません。

ご参考までにこの方の記事をお読み下さい。

 

投稿者プロフィール

河本雅夫
河本雅夫respect justice
鎌倉生まれの湘南育ちです。
60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です!

このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。

いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。


このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。
ご興味が湧きましたらご覧下さい。
http://www.goriyakupowerspot.com/

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉生まれの湘南育ちです。 60才を越えましたが、まだまだ好奇心旺盛です! このブログでは、『知らないではすまされない事を、お知らせしていく』がメインテーマになっています。 いわゆる情弱で損をさせられている人が一人でも救済されますことを願って、ブログを書き続けていきます。 このLight Reader Magazine以外にもいくつかのメディアを運営しています。 ご興味が湧きましたらご覧下さい。 http://www.goriyakupowerspot.com/