クリックが励みになります

「これ始FX」 FXトレードを始めるために必要なものを用意しよう。

FX トレーダー MT4 初心者 入門 海外

 

こんにちは これから始めるFX 「これ始FX」 オリックです

 

先日ご紹介した入門書読んでみましたか?

 

一番売れている投資の雑誌ZAiが作った「FX」入門

 

FX トレーダー MT4 初心者 入門 海外

 

こちらに限らず、FXの入門書をまず読んでみてください。

 

前回はFXのリスクマネージメントの話をしました。

 

今日はFXを始める準備に関してお話しようと思います。

 

まず必要なものは何か?

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本

 

 

パソコン

 

みなさんパソコンはお持ちですかね。

 

最近はインターネットにアクセスするのにスマートフォンだけしか持ってない、という方が結構いらっしゃるんですよね。

 

FX会社の取引ツールも最近ではスマートフォン用のものが必ずといっていいほどあります。

 

その場合であってもパソコンを用意しておくことをお勧めします。

 

なぜパソコンが必要かといいますと、やはりパソコンのツールの方がチャート分析に優れているからです。

 

さて一言でパソコンといっても色んなものがあります。

 

ですので自分の好みで選ぶしかありません。

 

もし、あなたがテレビで見るようなモニターを並べて沢山FXチャートを並べて取引したいなら

 

少なくとも i5 以上のCPUのタワー型のパソコンを選んだ方がいいと思います。

 

もちろんシンプルなFXチャート表示だけでよいならノートパソコンでも出来ます。

 

その場合でもi5以上のCPUのものを選んだ方がよいのではないかと思います。

 

そしてパソコンが用意出来たらインストールしておきたいツールがあります。

 

それはMT4という取引ツールです。

 

MT4について

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本

 

MT4はMetaTrader4というツールです。

 

MT4は国内の取引業者だとあまり取り扱いがないのですが、

 

海外のFX会社では一般的に使われているFXの取引ツールです。

 

最大の特徴はやはり

「チャート分析がしやすい。」

ということだと思います。

 

海外FXトレーダー達のトレーダーたちは、このツール用の開発言語で、

 

自分に必要な為替指標のインジケーターを作ったり、

独自のシステムトレードツール(自動売買ツール)などを作ってトレードしたり、

これらのツールを販売して稼いだり、

 

もしています。

 


初心者でも24時間いつでも利益を狙える24FX

 

なんでMT4がいいのか?

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本

 

MT4はFXトレーダーの間ではスタンダードです。

 

スタンダードということはつまり多くのFXトレーダがこのFXチャートを見てトレードしているということです。

 

また、公開されているMT4で作って検証したトレード手法やインジケータなども多く、ユーザーが多いのでFXトレードの選択肢が広がるということです。

 

私もチャートはMT4で確認して、取引はスマホでやっています。

 

さらにバックテスト機能も備わっているので、過去のチャートデータを使って自分で作ったり購入したりしたシステムトレードのツールの勝率なども検証できます。

 

そして、自分のトレードルールの検証もできたりします。

 

実際に私のFXトレードのルール検証もMT4のバックテスト機能をつかってやりました。

 

MT4は手に入れるにはどうすればいいの?

 

ザイFX!×MT4トップ > ザイFX!が作ったメタトレーダー(MT4)入門

 

入手方法などは辺りを読んでいただけるとわかりやすいと思いますが、海外のFX業者でも手に入れることが出来ます。

 

おススメなのは

 

FXDD
FXDD 口座開設

 

XM.com
XM 口座開設

 

などです。

 

海外FXの業者からダウンロードするのは英語なのでハードル高いのでは?と思われるかもしれませんが、最近では日本人の方でも海外の業者を選ぶ人も多く日本語のページで丁寧に説明してくれているので大丈夫です。

 

MT4を使うのには必ずデモ口座の申請をする必要がありますので、必ずデモ口座の申請を行ってください。

 

パソコンにインストールした後からでもデモ口座の申請は出来ます。

 

XM.com では講座を申請するとキャッシュを口座にプレゼントしてくれるキャンペーンなどをやっているようですので、本講座を申請すればそのままその資金を入金せずとも取引を体験できますね。

 

FX会社選び

 

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本

 

FX会社のお話を少ししたので、どんなFX会社を選ぶといいのかという話をします。

 

国内会社と海外会社の違い

 

国内会社 :JFX YJFX DMM GMOなど
利点   :スプレッドが狭い 国内の銀行で入出金できる。 円建て
欠点   :個人のレバレッジは最大25倍一度に取引できる金額が限られている。

 

海外会社 :XM.com FXDD iForex など

利点   :レバレッジを25倍以上に大きくできる。小さい資金でも大きくトレード可能

欠点   :スプレッドが広い 入金出金がしずらい。 ドル、ユーロ建て

 

それぞれ特徴は在ったりします。

 

最近ではスプレッドの狭い海外のFX会社もあようです。

※スプレッドとはFX会社の取引手数料のこと毎取引ごとにかかります。

 

FX会社選びのコツ

FX トレーダー MT4 metatrader メタトレーダー トレード 初心者 入門 リスク 危険 投資 投機 チャート ドル 円 USD JPY EUR GBP AUD 暴落 急騰 リーマンショック 地震 ファンダメンタルズ テクニカル 分析 勝 負け 退場 信用取引 外貨 為替 外国 海外 ドル 円 ユーロ 豪 ポンド zai 練習 FOREX TESTER 検証 資金 管理 ドローダウン レバレッジ ロット 証拠金 損切 利確 ロット 口座 資金 損失 退場 維持率 エクセル 計算 excel ノート 記録 時間 市場 東京 ロンドン ニューヨーク オセアニア 米国 欧州 日本

 

個人的におすすめなのは国内のメジャーなFX会社です。

 

理由としては入出金などに安心感があり取引業者が倒産してしまった場合などの補償がある程度あります。

 

レバレッジ25倍でも十分利益を増やすことが出来ます。

 

メジャー通貨間のスプレッドが狭いFX会社の方がいいと思います。

 

これはメジャー通貨は値動きがあるので資金が小さいうちは利益を残しやすいと考えるからです。

 

1000通貨単位のから取引できるFX会社を選ぶとと最初の練習が10000円程度から出来たりします。
(通貨ペアのレートによる)

 

やはり、FXトレードを始めるには小さい金額で勝てるのかを検証してからの方がいいのではないか?と思います。

 

海外FX会社もメジャーな会社を選ぶことをお勧めします。

 

まず信用できるFX会社を選ばないと

「儲けたお金が出金できない。」

「業者の実態がなかった。」

「 恫喝されて巻き上げられた。」

などが起こる可能性があります。(実際にFX仲間が体験した話)

 

特に海外のFX会社は言葉の壁がありますし、国内の法律が及びません。

 

裁判で訴えるにしても容易ではないでしょう。

 

また海外のFX業者の場合は海外のメジャー銀行HSBCなどの口座を 持っていると入出金しやすいです。

 

その他ネッテラーなどの代行業者を使うことも 可能な場合もあります。

 

クレジットカードで入金できる会社もあります。

 

国内のFX会社を選ぶにせよ、海外のFX会社を選ぶにせよまずはしっかりリサーチしてから契約したほうがいいでしょう。

 

それでは今日はここまで。

 


 

投稿者プロフィール

orick9
orick9
オリックです。

FXトレードのこと、ガジェット、科学、不思議など、

興味のあることをどんどん書いていきます。

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す