クリックが励みになります

初めての家計お助け講座 〜仮想通貨編②〜

仮想通貨で地域活性?

 

以前に仮想通貨について言及させて
頂きました。

 

 

最近立て続けに、このようなニュース
が配信されています。

 

 

沖縄独自の「仮想通貨」構想

4/17 (月) 17:52

「琉球コイン()」沖縄で構想 店舗決済・投資呼び込む狙い

インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」に使われている先端技術「ブロックチェーン」を活用して沖縄独自の仮想通貨「琉球コイン(仮称)」をつくり、流通させる構想が県内外の企業や金融機関の間で検討されていることが15日、分かった。取引所を設置し、世界中で利用が広がるビットコインや円、ドルとの換金を可能にする。また店舗などで決済に使える環境を整える。独自の仮想通貨圏をつくって世界中から投資を呼び込み、経済活性化につなげる狙いがある。(政経部・島袋晋作)(沖縄タイムス)

地方 仮想通貨 お金 投資

青森 弘前市 ビットコインで寄付募集へ 海外からも

4月20日 4時40分

NHK NEWS WEB

青森県弘前市は、桜の名所として外国人観光客にも人気の高い弘前公園の管理などにかかる費用について、海外の利用者が多い仮想通貨の「ビットコイン」で国内外から広く寄付を募る方針を固め、自治体による仮想通貨の新たな活用例として注目されます。

青森県弘前市の弘前公園は、およそ2600本のソメイヨシノやシダレザクラなどがあり、毎年春に開かれる「弘前さくらまつり」には国内外から多くの観光客が訪れます。
また、国の重要文化財である弘前城は、およそ100年ぶりに、今月から石垣の大規模な解体修理が行われています。

弘前市は、年間で数千万円かかる弘前公園の桜の管理や、今年度だけでおよそ2億円かかる弘前城の石垣を修理する費用の一部について、インターネット上でやり取りする仮想通貨のビットコインで寄付を募る方針を固めました。

弘前市としては、海外で利用者が多く、送金の手数料が安いビットコインによって、海外からも広く寄付を集めたい考えで、近く、ビットコインのサービス会社を通じて募集を始める計画です。

弘前市の山本昇副市長は「ビットコインは海外から資金を調達しやすい。地方財政は決して豊かではなく、資金調達の手段の多様化が求められる中、大きなメリットがあると思う」と話しています。

弘前市によりますと、国内の地方自治体がビットコインで寄付を募る取り組みは初めてと見られ、仮想通貨の新たな活用例として注目されます。

地方 仮想通貨 お金 投資

 

どちらも海外からの投資を呼び込む為の
決済手段として仮想通貨を活用しよう、
という試みが紹介されています。

 

地方 仮想通貨 お金 投資

これは日本で仮想通貨が“通貨”として
認められ、法整備がされた事から発想
された施策だと考えられます。

 

 

ここで注目して欲しいのは、仮想通貨が
市民権を得る事で、私達の生活に様々な
可能性と活躍出来る世界が広がった。
という事なのです。

地方 仮想通貨 お金 投資

これまでは、国や主に地元住民などに頼らざる
得なかった地方公共団体が、仮想通貨を利用
することで、より広い世界からの投資を呼ぶ込む
ことを可能とし、独自の発展を遂げる可能性を
広げたということになるのです。

 

つまり、地方は独自の知恵と工夫により、国に
頼らずに自ら世界に売り込み、投資を呼び込む
ことで発展することが実現出来るのです。

地方 仮想通貨 お金 投資

 

これは、地方公共団体に限らず、個人にも
当てはまるはずです。

 

 

SNSで個人がどのようにでも、一瞬で世界に
発信出来る環境が整い、仮想通貨の登場により
面倒な手続きや高額な手数料を取られること
もない決済システムを私達は手に入れているのです。

地方 仮想通貨 お金 投資

過去の歴史上で、ここまで知恵と工夫により
個人が自由な可能性を広げられる時代があった
でしょうか?

地方 仮想通貨 お金 投資

ただ、自由には責任が伴います。

 

成功しても失敗してもそれは自己責任
として認識されていきます。

 

 

様々な可能性が広がる、ということは
大成功することも勿論ですが、詐欺的な
ものや上手い言葉に騙されて財産を失う
可能性も増える事になるのです。

 

 

 

物事の本質をキチンと見極められて、
騙されない最低限の知識を持ちことが
これまで以上に大切になってきます。

 

今回は以上となります。

 

騙されずに、自分の可能性を広げて
成功するためにもお金のインテリジェンス
を磨く意識を持つことをお勧めしますお勧めします。

 

 

投稿者プロフィール

シバタ
シバタ
本音で語るファイナンシャルプランナー  

-経歴-

大学卒業後、大手住宅メーカーにて勤務後、全国展開している大手来店型の保険代理店に転職。 
数店舗の店長を経験後、他業種・業界(自動車業界〜地方銀行まで)とのアライアンス事業を担当し実績を重ねる。

そして2016年秋、これからの時代において世の中に対しての自分自身の在り方を見直し、ファイナンシャルプランナーとしての経験からお金に関わる知識、保険から投資、相続関係のアドバイスまで、提供し得る様々な情報を価値として届け、一人でも多くの人の役に立つために情報発信を始める。

【問い合わせ】

shibata.plan@gmail.com

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

本音で語るファイナンシャルプランナー   -経歴- 大学卒業後、大手住宅メーカーにて勤務後、全国展開している大手来店型の保険代理店に転職。  数店舗の店長を経験後、他業種・業界(自動車業界〜地方銀行まで)とのアライアンス事業を担当し実績を重ねる。 そして2016年秋、これからの時代において世の中に対しての自分自身の在り方を見直し、ファイナンシャルプランナーとしての経験からお金に関わる知識、保険から投資、相続関係のアドバイスまで、提供し得る様々な情報を価値として届け、一人でも多くの人の役に立つために情報発信を始める。 【問い合わせ】 shibata.plan@gmail.com