クリックが励みになります

心の声が聴こえますか? 本当の自分の声を聴くために 

皆さんは、

本当の自分を知ってますか?

自分が本当に願っていることを

知っていますか?

心の声 心理 インナーチャイルド

これって、分かるようで、分かりにくい

類のことかもしれません。

多くの人が「本当の自分」を

探し続けているのではないでしょうか。

 

自分が求めているものや

願っているものがはっきりとわかれば

その願いを形にし、実現することができます。

特に悩まず願いを実現出来ている人もいます。

現に願いをどんどん実現している人もいます。

実現していない人、

それ以前に、

自分の願いがまだ分かっていない人に

「実現する方法」を教える

セミナーや講座も沢山存在しています。

 

自分の願いや求めていることが

分かる人は、求めている声を聴きとれる

状態が出来ているため、聴き取ることに

さほど苦労は要りません。

自然に聴き取っているからです。

自然に、普通に、意識もせず。

そういう人は、

「自分がやりたいことをやるだけ」

と、さらっと言えてしまうのです。

自分の願いを聴き取るとは

自分の声を聴き取れる状態とは、

自分自身と通信できる状態にある

ということです。

え?自分と通信できない人っているの?

 

自分自身と通信できない

パターンはどういうものか

考えて参ります。

 

自分の声を聴き取れない状態

自分自身と通信できない状態とは、

沢山下着や洋服を着こんで、

着ぶくれした状態のようなものでは

ないでしょうか。

 

玉ねぎのように幾重にも層になっているような

心の声 心の叫び 本当の自分 玉ねぎ 鎧

とすれば。

肌に触れるためには、着こんだ衣服を

脱がなければならない

せめて腕に触れたいと袖をまくろうとしても

着こみすぎててまくれない

 

肌に触れるために

着こんだ衣服を脱がないとならない。

一枚一枚脱ぐのって大変ですよね?

面倒くさいし、えらく骨が折れます。

疲れます。

 

それと同じように

心の中心に触れるために

心の衣服を脱いでいく作業とは

意外といえ、実に大変なことではないでしょうか?

心の声 心の叫び 服 聴く 覆い

傷付きやすい肌を守るために

服を沢山着こんでしまったように

傷つきやすい心を守るために、

いろんな覆いをまとってきました。

 

人には、心がストレスや辛さを回避するために

本音を抑え込む機能が備わっていると言われています。

心理学用語では「防衛機制」という言葉や

インナーチャイルド、アダルトチルドレンという

言葉がありますが、

心の声が聞こえなくなるプロセスは

いろんな言葉で表現されています。

 

守らなくては辛くてやっていけないから

無意識のうちに心を守る

心は守られる、しかし、同時に

心の叫びが幾重にも重なった覆いによって

聴いてもらえなくなっていく。

心は生きているので、心の叫びが

無視され続けると、

やがて心も限界を迎えてしまいます。

それが自分を傷つける形になったり

違う形に歪められたり

あるいは人を攻撃し、傷つける形を取ったり

はたまた様々心の病気になるなど

健康的、建設的でない形で表出します。

 

そのような形となって現れる場合もあれば

ひたすら寂しさ、虚しさを自分の内に抱え込む

パターンもあります。

寂しさ、悲しさ、辛さを感じていると

身が持たなくなるため、

それを感じないために

忘れさせてくれる何か、

麻痺させてくれる

何かに頼ったり依存したり・・・

心の声 心の叫び 悲しみ 傷 インナーチャイルド 防衛機制

そうやって、心は心の衣服を増やしていきます。

着こんでいってしまうんですね。

本当は守りたいだけのに、

守ろうとするたび

自分の本音が聴こえなくなっていく・・・

 

そして、着ぶくれした状態の自分が

本当の自分だと思うのです。

「こんな姿が自分なのだ」とか

「私は自分のことが好きじゃない」とか

「意外と似合ってるじゃん」など。

衣類を着こむきっかけはいろいろでしょう。

親の顔色を伺ってまとうようになった服

友達から嫌われないために、着るようになった服

本当は自分の願いだと思っていたけど、

実は母親の願いだった

本当は自分の目指す姿だと思っていたものが、

嫌われたくない彼氏の期待や理想だった

 

父の願い、母の願い、友達の願い、大好きな人の願いが

自分の願いと同化して、自分の願いだと思い込む。

もちろん、同化したっていいんです。

それがあなたの本音と同じであるならば。

 

問題は、自分の本音と

後から作られた願いが「実は違っていた・・・」

という場合です。

それらはどれも、

自分を守るために必要と感じて

選んだ服なんですけどね。

 

でも、もし、自分の本音は、

自分が願うものとは違うかもしれない、と気づいた時

あなたは服を一枚脱げるのかもしれません。

あれ、ちょっと着こみ過ぎてたかも!?

と気づいた時。

 

あるいは、一枚脱いでも全然寒くならないんだ!?

と分かった時。

文字通り「一皮むける」のだと思います。

 

ではどうしたら服を脱いでも大丈夫と思えるでしょうか。

どうしたら、服を脱いでも寒くない、肌は傷つかない

と感じられるのでしょうか。

心の声 聴く 玉ねぎ 傷 覆う

それは、自分が自分を認められた時、

どんな自分であっても、

受け入れてみようと勇気を出した時

なのかもしれません。

 

でも、「洋服を全部脱ぎましょう」

と言っているのではありません。

玉ねぎの皮を最後まで

剥がしてしまいましょうと

いう話でもありません。

 

玉ねぎが幾重にも皮で覆われているように

私たちの心はたくさんの洋服を着ています。

生まれたままの裸だと寒かったり、暑かったり

痛かったりするからです

傷つかないように服を身にまとい

装って生きています。

だからそれはごく自然でごく普通のこと。

確かに服はあなたを傷つける様々なものから

あなたを守ってくれています。

 

でも

 

本当はあなたに全然似合っていない服だったり

季節外れな洋服だったりするのなら、

季節外れならまだしも

服ではなく鎧だったりするのなら、

心の声 聴く 鎧 心の叫び 本当の自分

本当のあなたが、

あなたに一番似合う服を見つけられたら

素敵だよね、っていう話です。

ペルソナ 仮面 腹 着たい 好き 自由

でも

似合う服を見つける前に

もっと大切なことがあります

 

それは

今のあなたを、あなたが受け入れること

でも、これが一番難しい。

なぜなら、裸になったあなた自身を

あなたが受け入れられないかもしれないから。

受け入れられないのは何故なのか

それはあなたが脂肪だらけの体になっているか

脂肪もつかない鳥ガラ状態の体になっているなど

体そのものが健康でない場合

それを「見たくない!」ですよね。

もしかしたら、うすうすどこかで

見たくない姿になっていることを

知っているから、見ないようにしてきた

だけかもしれません。

心の声 聴く 目を閉じる 見ない 向き合わない

脂肪は適量必要です。

しかし問題は適量でない場合。

 

体内に毒素が排出されなかった場合

脂肪が毒素を包んで貯蔵するそうです。

毒素が排出されず、体内に留まる場合、

毒素単体で体内に存在し続けると

体にとって有害なので、脂肪がそれをくるむ

というメカニズムがあるようです。

心の声 聴く 毒素 脂肪 包む 覆う

毒素を包み込んだ脂肪で覆われた体を

受け入れたいとは思わないでしょう。

では、どうしたらいい?

脂肪で包まれた毒素を排出する、

デトックスすればいい。

心のデトックスとは、心に溜め込んだ様々な

辛い感情、悲しいこと、寂しいこと、虚しいこと

脂肪に包まれないとやってこられなかった類の感情を

吐き出すこと。

 

 

ダイエットと同じです。

着たい服が着れないのは

⇒太っているから

ならば⇒体をシェイプアップ

手始めに⇒デトックス

きれいにしてから、栄養を入れていく。

 

ダイエットも手始めはデトックスです。

同様に、心のシェイプアップも手始めはデトックス

吐き出し作業

 

ただし

 

吐き出したものは、正しく処理される必要があります

ゴミも処理してくれる人がいるから

日を決めて出すことが出来るように

心のごみも、処理をしてくれる人や存在がいないと

ただカラスに袋を食いちぎられたごみ袋のように

自分や自分の周囲、環境を汚してしまいます。

心の声 ゴミ 吐き出す デトックス

だからごみ処理要員が必要です。

ごみの捨て方、処理の仕方を知っている専門家が。

 

もし、うまくゴミを捨てることが出来たなら

ゴミに埋もれていたもともとのきれいな部屋が

見えてくるでしょう。

毒素をくるんでいた脂肪のないシェイプアップ

された自身の体を見ることが出来るでしょう。

本来のあなたという素晴らしい姿を見ることが出来るでしょう。

心の声 シェイプアップ 脂肪 聴く 本当の自分 きれい 美しい

そうしたら

本当に似合う服が何かが分かる

何を着ても似合わなかったものが

似合うようになるかもしれません

 

自分の声が聴けるようになるには

沢山の時間と作業が必要な方もいるでしょう

しかし、本当のあなたは美しく素晴らしい

 

どんなに時間がかかっても、

それを求めて進もうと望むのなら

私も応援したいと思います。

投稿者プロフィール

SATOKO~芥川智子
SATOKO~芥川智子Diet & Mental ; Puriet Counselor
主婦であり母である生活者、家庭経営者として、
当ブログでは主に心についての記事を書いています。

心の相談室 Counseling Salon Dressy
https://salondressy.wixsite.com/dressy

心と身体の健康を中心とした個人ブログ
http://blog.puriet.com/

◆問い合わせ◆
相談等、お気軽にお問い合わせください。
purietstyle@puriet.com

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

主婦であり母である生活者、家庭経営者として、 当ブログでは主に心についての記事を書いています。 心の相談室 Counseling Salon Dressy https://salondressy.wixsite.com/dressy 心と身体の健康を中心とした個人ブログ http://blog.puriet.com/ ◆問い合わせ◆ 相談等、お気軽にお問い合わせください。 purietstyle@puriet.com