クリックが励みになります

人は軸のある人、ぶれない人が好き

私事ですが、私は踊りを習っておりまして

重心や軸についてとても考えさせられる

ことがありました。

http://blog.puriet.com/2016/12/27/jikunotsukurikata/

こちらは個人で運営しているブログで、

「軸」というものを取り上げてみた記事です。

 

軸が出来るとどうなるか

踊りの話になりますが

どの踊りでも、姿勢が整っている人の

動きというのは、どこでシャッターを

切られても美しいもの。

上手いか下手かを人が本能的に

見定めているのは、

この「姿勢」がキレイかどうかです。

軸 姿勢 踊り

SINGAPORE, 24 Aug 2010 ¨C Kizima Yuliya of Kazakhstan competes the Individual All-around Qualification of Rhythmic Gymnastics of the Singapore 2010 Youth Olympic Games at Bishan Sports Hall in Singapore, August 24, 2010.
XINHUA/SYOGOC-Pool/Cai Yang

 

姿勢の美しさは、体軸が出来ているかどうか。

重心とか軸とかの話。

例えば、フィギュアスケート。

○回転ジャンプなど

実に恐ろしい!!凄すぎて☆

 

バレエの回転もそうですが

軸がぶれないと、スピードある回転が

可能になります。

まさにコマと同じ。

軸がぶれぶれだと、

どこに飛んでってしまうかわかりません。

見てて危なっかしい

ぶれてるコマのあの動き。

しかし、軸が定まっていたら

コマはず~と回っています。

フィギュアスケートのあのような

神がかった回転が出来てしまうのも

軸なのです。

踊り バレエ 軸 姿勢 キレイ 美しい

軸のある人軸のない人

踊りの話をしました。コマの話もしました。

これは人も同じです。

軸のある人は、いくら動いても

より回転速度を増し、華麗になる。

軸がないと、動けば動くほど

ぶれぶれのコマのように

どこに飛んでいくかわからず

周りのものにぶつかったり倒したりする。

 

軸と自身の関係

ところで、話は変わりますが

おろおろしながら、話しかけられた時と

迷いなく話しかけられた時と、

どちらが心地よいでしょうか?

イラッとするのは、おろおろしながら

話しかけられた時ではないでしょうか。

実はこの話、自分の話です。

イラッとされたのは私

です。

あるシチュエーションでの話です。

指示を仰がなければならない

相手がいました。

私が話しかけると、相手は嫌そうで

面倒くさそうにしました。

「ええ、何?早くしてよ」

という空気丸出しで。

ですが、私の後に来た人が

「あの・・」と話しかけたら

「おお!」といって態度ガラリ。

 

忙しくて話しかけられるのが嫌なはず

なのに、その人に話しかけられたら

嫌そうにするとこどか、身を乗り出す。

なぜだろ~~~!?

悩みました。結構悩みました。

相手は私を嫌っているわけで

ないのは分かっていました。

でも、瞬時の反応がそうなって

しまうんです。

いろいろ思いめぐらしてわかったことが

ありました。

だからやってみました。

そしたら、嫌がられなくなりました。

それは、私の出方ひとつだったのです。

 

私の何が人をイラッとさせたのか

自信 軸 自信ない イライラ

イラッとさせずに相手の懐に飛び込んだその人と

私との決定的な違いが分かりました。

それは、「自信のなさ」です。

 

私はその人に気を使っているようで

実は自分のことを考えていました。

「忙しいのに、今割り込むと悪いな。」

一見、人のことを思っているように聞こえます。

しかし、本当は自信のない私の気持ちの

表れだったのです。

その発想の根底には

「私の様なもののために相手が

関心を持ってくれるわけがない、

時間を割いてくれないかもしれない」

という自尊心の低さだったんですね。

嫌な反応をされたのはその時だけではありません。

「申し訳ない」という思いで話しかけた時は大抵

嫌そ~な反応でしたから、私はその度ごとに

傷心しておりました。

 

自分の心が相手に反映されたことに

気づいたので、発想を変えました。

「私は必要があって話さなきゃならいわけだから

相手が嫌がろうが何だろうが、

話してもらわなきゃ困る」

そんな思いで、同じ相手に話しかけてみたところ・・・

あの時の嫌そうな反応は

いずこへ!?

それ以降、その人からの嫌な反応は

半永久的になくなりました。

 

人は自信がある人が好き

自分以外の人たちの力関係、

関係性について、しばらく観察してみました。

それで思いました。

やはり人は自信がある人が好きなんだ、と。

「自信をもって接してくる相手には

好感を持つ」のです。

自信をもって接する、というのは

横柄な態度で出て来る

とか、

威圧的、という意味でもありません。

逆の表現をした方が分かりやすいですね、

「人は自信がない人にイラつく」

 

自信とはぶれなさ加減であり、軸である

人がついていきたくなる人、

信奉したくなる人とは

軸のある人、ぶれない人であることが

多いように思います。

人は「はっきり」言い切ってもらうことを

好む傾向があるからです。

勿論、その発言に説得力があることは大前提です。

ですが、仮にその人の発言や論理に

少しばかり「あれ?」と思うようないい加減さが

あったとしても、

✔ 凄く正しいことを自信なさげに言ってる人と

✔ よくよく聞いたらちょっと違うようなことを

もっともらしく言ってる人とでは

後者についていってしまう人の方が

多いです。残念ながら。

自信 軸 姿勢

だからといってもっともらしく振る舞うのは好きではないけれど

これはあくまでも人前での振舞の話です。

ですが、生き方、とか日ごろの態度

という意味で

軸が定まらず(いろいろ模索中)で

あっちへふらふら、こっちへふらふら

している人よりも

(ふらふらが悪い、という意味では

ありません。模索中なのですから!)

一筋に迷いなく突き進んでいる人に

大半の人は尊敬の念を抱くように

出来ているのではないでしょうか。

カリスマ性のある人、

リーダーシップのある人、

一芸にも二芸にも秀でた人

形はそれぞれですが、

人は「迷いなく突き進んでいる」

人についていきます。

 

話を軸に戻します。

軸があればいくら回転しても、

ぶれずに何度も回転できるように

人の心も同じで、

心の軸が定まっている人は

より精力的に動けるし、

回転の勢いで、吸引力が生まれ

周りを動かすことが出来るのです。

 

回転し続けているので、

回転の勢いで、自分に必要ないものを

振り払いながら前進します。

自分に必要なものとそうでないものを

見分けられるので、無駄な選択が減り

より精力的に動けるようになります。

不必要な負荷をしょい込まないんですね。

しかし、心の軸、考え方の軸が

定まっていないと、あれもこれも必要な気がして、

無駄なものを選んでしまう。

結局ものを持ちすぎて、情報過多になって

精神的に肥満になる。

判断できなくなって、わからないからさらに

あっちへ行ったりこっちへ行ったり。

負荷も多いので、ふらつき度合いが更に増す。

 

軸はどうしたら定められるのか

自信はどうしたら持てるのか・・・

ここが最も肝心なポイントです。

が、思いの他、長くなってしまいましたので

軸や自信については

年越しで考えてみたいと思います。

 

(でも、答えはあなたの中に在る!)

投稿者プロフィール

SATOKO~芥川智子
SATOKO~芥川智子Diet & Mental ; Puriet Counselor
主婦であり母である生活者、家庭経営者として、
当ブログでは主に心についての記事を書いています。

心の相談室 Counseling Salon Dressy
https://salondressy.wixsite.com/dressy

心と身体の健康を中心とした個人ブログ
http://blog.puriet.com/

◆問い合わせ◆
相談等、お気軽にお問い合わせください。
purietstyle@puriet.com

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

主婦であり母である生活者、家庭経営者として、 当ブログでは主に心についての記事を書いています。 心の相談室 Counseling Salon Dressy https://salondressy.wixsite.com/dressy 心と身体の健康を中心とした個人ブログ http://blog.puriet.com/ ◆問い合わせ◆ 相談等、お気軽にお問い合わせください。 purietstyle@puriet.com