クリックが励みになります

憧れの人、好きな人の中に、あなたの”ステキ”が写っている

「私のものは私のもの

あなたのものも私のもの」

どこかで聞いたことある言葉

・・・ですよね。

今回は、後半の

「あなたのものも私のもの」

について、おめでたい考え方を

シェアしようと思います。

 

不二、という考え方をご存知でしょうか。

文字通り

「二つにあらず」

「私とその人は二つに非ざる関係」

という意味です。

別の言い方をすると

『oneness』に近いかもしれません。

 

 

もう少し平たく言ってみましょう。

例えば、あなたが「好き」とか

「嫌い」とか何かしら反応をするとします。

それは、あなたの中に、良きにつれ悪しきにつれ

反応するものと同じ性質を持っているからだ、

という考え方です。

 

 

最初これを聞いた時、

ちょっと待ってよ!と思いました。

抵抗したんですね。

でも、

「もし、自分の中にその要素がゼロであれば

全く何も反応しないよね」

といわれたら、否定できません。

 

 

確かに、ひとつの事象の捉え方は

千差万別。

何も引っかからない場合もあれば

妙に引っかかる場合もある。

引っかかる場合は、良きにつけ悪しきにつけ

自分の中にセンサーがあるからで

自分の中で良い悪い、好き嫌いを

瞬時に分けている。

 

 

 

・・・これは「不二」の説明としては

かなり不十分ですが、

今は全てがわからないとしても

一部分かったといいますか、

この考え方で、少し楽になったことがありました。

 

 

先にも述べましたが

最初、「不二」の概念を耳にした時

「冗談じゃない、勘弁してよ

あの人と私を同じにしないで!」

と抵抗を覚えました。

が、抵抗する、ということ自体

何かしらヒットしているわけですね。

しかし、表向き抵抗している

そぶりを見せず、内心めらめらと

抵抗します。

 

 

まあ、ある意味「そうかも(同じ要素があるのかも)」

と素直に認められる部分もあれば、

どうしてもそうは思えない(同じ要素があると

言われても、ピンとこないなあ)なあと

分からない部分もあります。

ただ、良いことについては

非常に都合よく受け止めることが

出来ます!!

 

 

 

例えば・・・

これは私の心の癖なのですが

誰かが褒められると

「つまりそれは私がダメってこと?」

と思うことがあります。

私が褒められない、といことは

ダメだからなんだろうか、

って自動的に思うんですね。

 

 

 

あるいは、自分にはとても出来ないような

凄い人、凄いなあということに触れると

「私はダメだなあ」

と思う。

 

 

 

でも。

 

 

 

もし、不二、二つに非ざる関係なのであれば

凄いと思った人とも、二つに非ざる関係

つまり、あなたは私、あなたのものは私のもの

でもあるのよね、

と思うと、「自分が出来ないからダメなんだ」

って思う必要がなくなります。

 

 

 

今は自分が出来てはいないけど、

誰かの素晴らしい!ことは

私の中にも同じ要素が潜在しているから

だっていう理屈と同じになりませんか?

 

 

これを「おめでたい人間だ」

ということも出来ますし

「都合のよい解釈」ということも出来るでしょう。

 

 

しかし、おめでたいことや

都合がよいことって

悪いとは限りません。

全てに良し悪しはない、

ただ人の捉え方に良し悪しがある

人が良し悪しを決めているだけなのですから。

 

 

 

ということで、「不二」を

おめでたく捉えた時、

素晴らしことに反応できる自分にも

素晴らしい要素がある、

と捉えた時、

素晴らしい人と比べる必要も

ダメだと自己卑下する必要も

なくなります。

 

 

もともと自分の中に「ある」なら

努力すれば

開花するかもしれないのですから。

 

 

ということで、以上

おめでたいお話でした。

 

 

by 芥川智子

個人ブログ「Puriet Style”私のものは私のもの、あなたのものも私のもの”より」転記

投稿者プロフィール

SATOKO~芥川智子
SATOKO~芥川智子Diet & Mental ; Puriet Counselor
主婦であり母である生活者、家庭経営者として、
当ブログでは主に心についての記事を書いています。

心の相談室 Counseling Salon Dressy
https://salondressy.wixsite.com/dressy

心と身体の健康を中心とした個人ブログ
http://blog.puriet.com/

◆問い合わせ◆
相談等、お気軽にお問い合わせください。
purietstyle@puriet.com

記事がお役に立ちましたら 
★いいね!★お願いします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

主婦であり母である生活者、家庭経営者として、 当ブログでは主に心についての記事を書いています。 心の相談室 Counseling Salon Dressy https://salondressy.wixsite.com/dressy 心と身体の健康を中心とした個人ブログ http://blog.puriet.com/ ◆問い合わせ◆ 相談等、お気軽にお問い合わせください。 purietstyle@puriet.com